更年期障害で病院受診。行くなら何科? 

更年期はアラフォー、アラフィフ女子が通る道。
人によって更年期症状の出方や強さは違います。
教科書通りにはすんなりいかない更年期。
日常生活がつらくて仕方がない更年期障害は一般的には婦人科を受診します。

更年期障害とは

更年期症状は女性ホルモンの急激な減少が原因でさまざまな症状が出てきます。
公益社団法人 日本産科婦人科学会のHPで更年期障害は次のように説明されています。

閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。
更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

ポイントは2つ。
●日常生活がつらい更年期症状もある。
●更年期症状に隠れた病気があるかもしれない。

自分の体の状態を医学的に正しく診断してもらうのは大切なことです。

更年期の症状は女性ホルモンの急激な減少に心も体もついていかないから出てきます。
女なら更年期は仕方ないよねと、あきらめたり、我慢したりする風潮があります。

我慢する必要はありません!

この記事を読んでくださっている貴女。
きっと、病院へ行こうと思うけど・・・と悩んでいるのですよね。
このつらい状態が何とかならないかと思っているのですよね。

自分の体の状態を医学的に、客観的に診断してもらうことが受診の最大のメリットだと考えます。
治療をどうするか考えるのはそれからです。

 

症状と診療科

主な更年期症状は次の通りです。

  • 精神神経系:頭痛、めまい、不眠、イライラ、不安感、倦怠感、うつっぽい
  • 血管運動神経系:ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、多汗、寝汗、動悸、息切れ、微熱
  • 皮膚・粘膜系:喉が渇く、ドライマウス、ドライアイ、皮膚掻痒感
  • 消化器系:胃もたれ、胸やけ、下痢、便秘、吐き気
  • 運動器系:肩こり、腰痛、肩甲骨・背中まわりの痛み、関節の変形と痛み、手指のしびれ・こわばり
  • 泌尿器生殖器系:月経異常(生理不順、不正出血、経血量の異常)、尿もれ、尿失禁、性交痛、膣の乾燥

 

 

症状から診療科を選ぶと

更年期とは関係なく、先ほどの症状が出ているなら、当てはまりそうな診療科は数多くあります。
例えば、次のような感じです。

精神神経障害 → 心療内科や精神科
血管運動神経系 → 内科、心療内科、循環器内科、神経内科
皮膚・粘膜系 → 皮膚科、眼科
消化器系 → 内科、消化器内科
運動器系 → 整形外科
泌尿器生殖器系 → 泌尿器科、産婦人科

どの診療科から入っても更年期症状の治療は可能です。
症状をピンポイントで治療するイメージです。

皆さん、おそらく、どの症状が一番つらいか、気になっているか、日常生活に支障を感じているかで何科を受診するか決めますよね。
まさにその通りの選び方になります。

 

症状から診療科を受診した体験

更年期の症状は全身にわたって実にさまざまです。
月経異常(生理不順、不正出血、経血量の異常)、性交痛、膣の乾燥など婦人科系の症状なら婦人科がピンときそうです。
けれど、それ以外の症状は知識がなければ更年期と結びつきにくいのです。

次の私の体験は、更年期症状の知識や自分が更年期に入っているという自覚がなく、症状から診療科を探していた頃のことです。

診断によって、あ、そうだったんだってホッとするんですよね。

症状から診療科を選んでも、メリットはあります。

関節痛で整形外科に

関節が痛かったり変形したりしたら整形外科に行こうと思うでしょう?

私はへバーデン結節という関節の病気を持っています。
症状の出始めた数年前は、指の関節が痛いから整形外科を受診しました。
レントゲンで診断を受けましたが、関節の変形は加齢ということで経過観察となりました。

その後、更年期とへバーデン結節の関係性を知り、現在は更年期女性向けのサプリメントを摂って様子をみています。

じゃあ、整形外科を受診したのは失敗かというとそうではありません。
血液検査によって、リウマチでないことはわかったのは安心材料が増えて良かったです。

ホットフラッシュ、紅斑、微熱で膠原病専門医に

もう一つ。
整形外科受診の後の話です。

ホットフラッシュ、顔の紅斑、微熱が1か月続いた時、膠原病の可能性を考えて専門医を受診したことがあります。
微熱が続くと、動けるけどずっとしんどいですね。
鏡を見たら、顔の両頬が赤くてドキッとしました。
親族に膠原病や甲状腺機能異常の人がいたので、自分もそうかもと疑ったんです。

結果的には更年期症状だったのですが、検査して診断が出るまで不安でした。

 

一般的には婦人科

最近ではプレ更年期といって30代の女性にも更年期のような症状を訴える方がいらっしゃいます。
それくらい「更年期症状」は女性にとって絶対知っておいて欲しい、外せないことなんです。
個人的には何でもかんでも更年期のせいにしたくはありませんが、やっぱりと思う体の変化は年齢と共に出てきます。

ご自身の年齢が40~50代なら、今抱えている症状は更年期が原因かどうかを診断することが治療の早道となります。

そういったことで、更年期を切り口に全身を診るとなると、婦人科の受診がお勧めです。
最近は女医さんも多いし、レディースクリニックという名前で敷居が低くなっていますよ。
更年期外来」を設けているクリニックもあります。

ただ、婦人科といっても街で見かける看板は「産婦人科」。
産科と婦人科をあわせて産婦人科といいます。
もちろん更年期の治療もできますが、病院によって得意な分野が違うので受診前に調べておくといいですね。
不妊治療や出産がメインなのか、更年期をはじめ婦人科がメインなのか、アンチエイジングに力を入れているか、保険診療か自由診療なのかなど。

更年期外来がある病院は、こちらのリストを参考になさってください。

一般社団法人 日本女性医学学会(旧 更年期学会)認定 専門医・専門資格者一覧

NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会 全国の婦人科・更年期外来リスト

 

医師選びは重要

更年期とよばれる10年間。
つらい更年期障害を緩和して楽になるための治療を考えるなら、医師選びは重要です。
ホームドクター、かかりつけ医として長いおつきあいになるからです。

そこで絶対考えて欲しいポイントを2つあげておきます。

  1. 通い続けられるかどうか
    検査、相談、治療と長期間通うことを考えると、自宅や職場から近いのが理想。
    名医がいい、評判の医師がいいと思う気持ちはわかります。
    私だって、そうしたいです。
    けれど、体がしんどいのに遠くに通うのはストレスになります。
  2. 医師との相性
    医師と患者は上下の関係ではなく、一緒に治療を進めるパートナーです。
    なので、自分の病状を話しやすいか、信頼できるかといった相性は最も重要。
    そもそも、感情のアップダウンが起こりがちな更年期。
    医師とのコミュニケーションでストレスを抱えること自体が治療効果を落とします。
    相性は、実際に診察を受けてみないとわからない面がありますが、ホームページの雰囲気や医師の挨拶文などからキャッチできることがあります。

 

患者としての心得

現在の医療では、一人の患者の診察にかける時間は限られています。

短い時間の中で医師と良好なコミュニケーションをとるためにはどうしたらよいでしょうか。
ポイントをあげておきます。

  1. あらかじめ病状をまとめておく
    医師を目の前にすると緊張して話があちらこちらに飛んでしまったり、伝え忘れがあったりします。
    自分の病状を説明するためにあらかじめまとめておくよいでしょう。
    いつから、何が、どうなって困っているか。
  2. 月経周期や最終月経を記録
    婦人科の問診には必ず最終月経がいつだったか項目があります。
    最終月経から1年が閉経の目安になります。
    基礎体温はあれば診断の参考になります。
  3. 医師の話はメモを取る
    言われたことを忘れないように、同じことを何度も聞かないように、治療に関することはメモに残しておきましょう。
  4. わからないままにしない
    治療を受けるあなたが主役です。
    わからないことをそのままにせず、医師に質問して確認しましょう。
  5. 医師を変える勇気
    医師と実際に会って、話して、どうしても相性が良くないと感じるなら医師を変えることも良いのですよ。
    また、治療に納得がいかないならセカンドオピニオンを受ける道もあります。

 

まとめ

更年期障害で受診するとしたら一般的には婦人科です。
私の体験談や医師選びのポイント、患者の心得などをお伝えしました。
まずは自分の体を医学的診断してもらうことは大切だと私は思います。
受診を迷っている方は参考になさってくださいね。

一日も早く楽になれますように。

更年期っていつから?女性の心と体が変化する時。

 

上に戻る

おすすめ記事