更年期っていつから?女性の心と体が変化する時。 

アラフォー、アラフィフ女子が不定愁訴を訴えたり、感情的になったりすると、周りから「更年期だから」の一言で片づけられることがよくあります。
ひょっとすると、貴女自身も自分の心と体を「更年期だから」とあきらめているかもしれませんね。

女性の一生を考えると更年期は誰もが通る道。
でも、「更年期だから」とつらいのを我慢して過ごすのか、上手くつきあって楽に過ごすのか、道はさまざまです。

少しでも楽に過ごしたいなら、更年期のことを正しく知ることが大切。

今回は、「更年期はいつから?」をお伝えします。

更年期とは

医学的には、更年期は閉経の前後5年間をいいます。

閉経の時期がポイントなのですが、更年期の始めはまだ月経はあるし、月経周期も乱れるので、閉経がいつかは振り返ってみないとわからないものです。
個人差があります。

というものの、日本人の閉経の平均年齢は約50歳で、一般的には更年期は40~50代という認識ではないでしょうか。

 

更年期は閉経との関係で決まる

閉経、更年期、更年期症状、更年期障害の医学的説明は次の通りです。

「閉経」とは、卵巣の活動性が次第に消失し、ついに月経が永久に停止した状態をいいます。
月経が来ない状態が12か月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。
日本人の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。
閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。
更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

公益社団法人 日本産婦人科学会HP「更年期障害」より抜粋

覚えておくポイントは、

  • 更年期は、閉経の前後5年間、合計10年間
  • 閉経は、月経が来ない状態が1年以上続く
  • 更年期症状は、他の病気を伴わないもの
  • 更年期障害は、更年期症状が重く日常生活に支障が出るもの となります。

※子宮摘出後などのように月経によって判断できない場合は、血液検査によりホルモン値を測定します。

 

医学用語ではない〇〇更年期

「プレ更年期」「ポスト更年期」「若年性更年期」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
これらは医学用語でありませんが、雑誌、ネットなどメディアではよく使われているので紹介しておきます。

プレ更年期

更年期を迎える前の30代後半から40代は、更年期ほど急激ではないものの女性ホルモンが減少してきます。
この時期から症状があらわれる人もおり、プレ更年期といわれます。

ポスト更年期

更年期が過ぎた後の時期を指します。
日本人の閉経の平均年齢は約50歳で更年期は約45~55歳。
日本人女性の平均余命は87.45歳(2019年)なので、ポスト更年期は30年以上あることになります。

若年性更年期

最近は、20~30代の女性にも更年期と同じような症状がみられる人がいます。
医学的には卵巣機能不全といいます。
無理なダイエットや食生活の乱れ、人間関係や住環境のストレスなどによって自律神経が乱れるからだといわれています。

 

更年期障害の原因

更年期障害の原因は、急激な女性ホルモンの減少にあります。

女性の一生は、女性ホルモンの変化とともにあります。
女性ホルモンがどのように変化するかを図で見てみましょう。

急激な女性ホルモンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンの変化イメージをピンクの太線で表してみました。
実際はイメージのような単純曲線を描いて変化するのではなく、更年期のところで書き加えた青い線のようにアップダウン(ゆらぎ)を繰り返しながら減少していきます。

このゆらぎに心も体もついていかなくて、つらい症状や悩みが出てきます。

脳の指令に卵巣は応えられない

脳と卵巣の関係から説明すると。

脳は卵巣に女性ホルモン(エストロゲン)を分泌してねと指令を出します。
けれど、老化した卵巣は脳の指令通りに女性ホルモン(エストロゲン)が出せません。

すると、脳は、あら?おかしいわねとさらに指令します。
さらに指令を受けた卵巣は、えーーっ!何とかしなくっちゃ!っとがんばるんですね。
でも、女性ホルモン(エストロゲン)をある時はいつもの通り、ある時はいつもより多め、またある時は少ししか出せないということがあるわけです。
月経周期も長くなったり、短くなったりします。

このような異常が脳から自律神経へ、そして全身へと伝わります。

体の生理反応は実に絶妙のバランスで起こっています。
どこかでひとつバランスが狂うと、全身に影響が出てきます。

脳と卵巣のはたらきのバランスが崩れてしまった結果が更年期の症状です。

 

いつまでつづく?終わりはあるの?

更年期は閉経をはさんだ前後5年。
これが終われば、医学的な定義としては更年期は終わります。

ところが、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまった状態はずっと続きます。
更年期を抜けると症状が軽くなったという声も聞きますが、残念ながら若い頃のようにはいきません。

自然の摂理として、老化は止めることはできません。

ちょっと悲しくはありますが、「老い」を受け入れて気持ちを切り替えていくことが大切です。

更年期の症状

 

更年期の症状はあれもこれもとたくさんあります。
アラフォー、アラフィフ女性の不定愁訴の多くが当てはまります。

  • 精神神経系:頭痛、めまい、不眠、イライラ、不安感、倦怠感、うつっぽい
  • 血管運動神経系:ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、多汗、寝汗、動悸、息切れ、微熱
  • 皮膚・粘膜系:喉が渇く、ドライマウス、ドライアイ、皮膚掻痒感
  • 消化器系:胃もたれ、胸やけ、下痢、便秘、吐き気
  • 運動器系:肩こり、腰痛、肩甲骨・背中まわりの痛み、関節の変形と痛み、手指のしびれ・こわばり
  • 泌尿器生殖器系:月経異常(生理不順、不正出血、経血量の異常)、尿もれ、尿失禁、性交痛、膣の乾燥

 

症状の軽い人、重い人の違い

更年期の症状にはさまざまなものがありました。
症状が重い人もいれば、軽い人もいるといったように個人差があります。
また、同じ人でも日によって症状の程度が違ったりします。

症状の軽い重いには、
女性ホルモン(エストロゲン)の変動具合
②その人の性格、気持ちの持ちよう
家庭や職場など取り巻く環境 などが影響しています。

 

治療法、対処法はさまざま

自分の更年期症状に上手に付き合っていくためにどのような治療法や対処法があるか知りましょう。
主に次の方法があります。

  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 市販医薬品
  • 漢方や鍼灸
  • サプリメント
  • アロマ
  • カウンセリング など

これから記事を書いていくので少しお待ちください。

 

更年期の心構え

女性の一生で、避けては通れない更年期。
高齢化社会になって、閉経後の人生は30年以上あります。

この人生の後半をより良く生きたいのなら、発想の転換が大切です。
今まで家庭や仕事にがんばって生きてきたなら、これからはほどよく力を抜いて、リラックス、楽しく生きましょうよ。

更年期はもうがんばらないでいいと教えてくれる時期です。
無理が効かない自分の心と体を見つめる時です。

 

老いを受け入れる自然なポジティブ思考

医学的には、肉体が衰えて死に向かうのが「老いる」ということで、誰しも死を怖れ、老いることを怖れることでしょう。
「老いる」ことのデメリットを感じ、できることなら避けたい、逃れたいと思います。

確かに、若い時のような体力はありません。
肌も髪もつやや張りを失っていきます。
病気も増えるでしょう。
美味しいものもたくさん食べられなくなります。
周りの者が先に亡くなり、生きているのがつらいということもあります。

私も、更年期に入り、体の変化や心の不安定さに、悲しいな、仕方のないな、受け入れるしかどうしようもないなと思ってきました。

「老いる」が悪のような見方がある一方で、日本古来の考え方には素晴らしい考え方があります。

「老いる」は「おいる」と読みますね。

その音が表す意味は
「お」…丁寧語の「お」
「い」…命(いのち)の「い」
「る」…「くる」とか「する」とかの「る」で続くという意味。

つまり「おいる」とは、命を長く続けたすばらしいお方という意味だそうです。

私たちは、長い歴史の中でこの考え方はを失い、いつの間にか「老いる」デメリットしか見えなくなったようです。

貴女は、命を長く続けたすばらしいお方なのです。
ひとりひとりが尊い存在なのです。

そこに立ち返って、自分というものを受け入れ肯定し、更年期を少しでも楽に穏やかになる工夫をしたいですね。

参考書籍:葉室頼昭著「神道と日本人」1999年 春秋社

 

まとめ

「更年期」と聞いてどう思いますか?
もしネガティブに捉えるなら、更年期と上手く付き合う方法をこれから探してみませんか。

そのためには「更年期」についての知識を得ましょう。
今回は「更年期はいつから?」について書きました。
今後も「更年期」についての記事をいくので楽しみにお待ちください。

今、月1回ペースで更年期についてのお話会を開催しています。
一人でモヤモヤしていないで、参加してみませんか。

10/30(金)生き方を豊かにするエッセンス「そのイライラは更年期?」@Zoom

 

上に戻る

おすすめ記事