はじめての方へ

当サイト『あめのそよかぜ』をご訪問くださってありがとうございます。

日本の伝統医学の漢方では、私たちは先天の氣を受けて生まれてきたと考えます。
生まれながらに持っているその人のエネルギーです。
本来のその人らしさの源です。

本来のその人らしさで生きられたら、人は自然と調和し、他と共存共栄し、日々生きるを楽しむ存在になるのだろうと思います。
いつも楽しい感覚とともに自然な笑みがこぼれ、たとえ人生に雨風がやってきても受け入れ楽しめるのだろうと思います。

みどり豊かな高原で優しい風に吹かれて天を望む心地よさは幸せのそのものではないでしょうか。
雨は天からの恵みであることを知れば、雨さえも優しく感じることでしょう。

『あめのそよかぜ』の「あめ」は和歌の修辞法の掛詞を用いて名づけられています。
和歌といえば、日本最古の和歌集に万葉集があります。
元号令和は万葉集から生まれましたね。

万葉集研究の中西進さんによると、元号令和の令を日本語でいえば「うるわしい」、そして、令和を逆さ読みにすると「やまとしうるわし」で国土讃歌になるそうです。

この事を知った時に、令和がスッと私の身のうちに入る気がしました。
私の中で令和の時代が始まったのです。

新しい時代が始まったのを機に一悟術を提供する『あめのそよかぜ』を立ち上げ、クライアントさまに「日々の暮らしに心地良さを感じ、自分の人生を生きる喜びを見出せる」ようにサポートいたします。

一悟術は、日本古来より伝わる精神成長に関わる方法論を、現代生活に活用できる形に復興し再統合したものです。
一悟術ヒーリングは、令和の時代に合ったヒーリングです。
その起源など、詳しくは一悟術のホームページをご覧いただければ幸いです。

» 一悟術ホームページ

上に戻る

おすすめ記事