「自分軸」と「他人軸」の違いとは?自分らしく生きるための洞察と戦略

本記事では、「自分軸」と「他人軸」の明確な違いについて深掘りし、自分の心に真摯に生きる利点と、自分軸を保つための具体的な方法を紹介します。

この記事の目次

「自分軸」とは何か?

自分軸とは、自己の内なる声に従い、それに基づいて行動する人々を指します。

このような人々は、自分の信念に忠実で、外部の意見に簡単に影響されることがありません。

自分軸を持つことで、自分自身を真実に生きることができ、結果として自信を持ち、魅力的な人物になりやすいです。

対照的に、「他人軸」とは具体的には?

他人軸とは、他人の評価を過度に気にして、自分の価値観を持たずに行動する人々のことを言います。

このような人々は、他人に嫌われることを避けようとするため、自己の信頼を築くことが難しくなり、周囲に流されがちです。

自分軸と他人軸の違いを把握し、どちらかを自己診断しよう!

「自分軸と他人軸の違いがいまいち分からない…」「他人軸になると、どんな考え方をするの?」

もし自分が自分軸か他人軸かが不明で不安を感じているなら、ここでその違いについて詳しく説明します。

自分の考え方がどちらに傾いているかを理解するために、それぞれの特徴を見て自己診断してみましょう。

ポイント1. 他人の目を気にしない

他人軸で生きる人は、行動する際に常に周囲の目を気にしていますが、自分軸の人は自分の欲求に集中し、他人の意見に振り回されずに行動します。

これは自己信頼が強いため、他人の批評にも動じないことが多いです。

ポイント2. 他人と自分を比較しない

他人軸で生きる人々はよく収入や持ち物で他人と自分を比較してしまいますが、自分軸の人は自分の価値観を大切にし、「自分は自分」と他人との比較から解放されています。

これは自己評価がしっかりしている証です。

ポイント3. 素直に謝れる

他人軸で生きる人は失敗を他人のせいにする傾向がありますが、これは失敗への恐れから来ています。

対照的に自分軸で生きる人は、自分の過ちを認めて素直に謝ることができます。

彼らは自己責任を重んじ、誠実さを保つことができるのです。

ポイント4. 自分の意見をはっきりと伝える

他人軸で考える人は相手の反応を異常に恐れるため、自分の本当の意見を述べるのが難しいです。

しかし、自分軸でいる人は他人の影響を受けず、自分の考えを率直に伝えることができます。

彼らは自分の表現に自信を持っており、他人に合わせることなく自己表現できます。

ポイント5. 感情を重要視する判断基準

他人軸で生活している人は論理的な判断を優先し、しばしば自分の感情を蔑ろにします。

しかし、自分軸で生きる人は自己の感情を大事にし、それを決断の重要な基準としています。

このように、自分の行動に対して責任を持ちながら、感情を尊重することで、より本質的な選択を行うことができます。

ポイント6. 常識を越える思考

他人軸で考える人々は「恥をかきたくない」という気持ちから、すべてを常識的な枠組みで考えがちです。

一方で、自分軸の人は時に典型的でない選択をし、その独創性が新しいアイデアを生み出す原動力となります。

過剰な常識に縛られずに自由な発想を持つことができるのです。

自分軸で生きるメリット

これまでに自分軸と他人軸の特徴について述べてきましたが、自分軸で生きることには多くの利点があります。

以下では、自分軸で生きることの具体的なメリットを詳しく説明します。

メリット1. ストレスの軽減

職場や社交の場での不必要なトラブルを避けたい人は多いでしょう。

自分軸でいる人は自己の感情に忠実で、他人に左右されずに自分らしさを大切にします。

このため、余計な気遣いや配慮から解放され、ストレスが少ない生活を送ることができます。

メリット2. 新たな才能の発掘

自分軸を持つことで、一般的な「常識」の範疇を超えて考えることが可能になります。

これにより、以前は気づかなかった自分自身の潜在的な才能や可能性に目を向けることができます。

自分だけの独特な選択を通じて、通常は見過ごされがちな新しい能力や興味が浮かび上がってくるでしょう。

メリット3. 人間関係の質の向上

自分軸で生きるようになると、本当に価値のある人々との関係を大切にするようになります。

無理に合わせることなく、自然体でいられる関係を選び、それにより無駄なストレスが減少し、お互いを尊重する健全な関係を築くことが可能になります。

メリット4. 目標がはっきりする

他人の意見に影響されがちな中、自分軸を持つことで他人の評価に左右されることなく、自分自身と向き合う時間が増えます。

これにより、自分にとって真に重要な目標や取り組むべきことが明確になり、それを実行に移す道が開けます。

自分軸で生きるための実践方法|周囲の影響から自己を保つ

「他人の目が気になってしまう自分を変えたいけど、どうしたらいい?」
「自分軸で考えるためのポイントは何?」

自分軸に移行することは難しそうに感じるかもしれませんが、実は誰でも試せる方法が存在します。

ここでは、周囲に流されることなく、自分軸で生きるための具体的な方法を紹介します。

方法1. 直感に従って行動する

自分の直感に注意を払うことで、突然の感情やひらめきを捉えることができます。

たとえ小さな直感であっても重要です。

「これだ!」と直感したときは、それを大切にしましょう。

具体的な方法としては、次のようなアプローチがあります。

  • 感じたことをノートに記録する
  • 感じたことをブログで共有する
  • 自分の感じたことを他人と積極的に話し合う。

これら簡単なステップから始めて、直感に基づく生活を実践しましょう。

考え過ぎずに、直感的に感じたことをすぐに表現することが大切です。

方法2. 感情をチェックする習慣をつける

自分がどのように生きたいかを明確にするには、自分の感情を深く理解することが必要です。

日々の行動がどのような感情から生じているのかを常に考えることで、自己認識を高めることができます。

例えば、以下のような質問を自問することが有効です。

  • なぜその瞬間に喜んだのか?
  • 仕事でなぜ神経質になるのか?
  • なぜ自分勝手に行動したのか?

これらの背後にある感情を理解することが、自分軸で生きる上で非常に重要です。

方法3. SNSの使用を減らす

SNSはしばしば他人の華やかな投稿により、自分の価値観が影響を受けがちです。

自分軸を強化するためには、SNSの使用を抑制することが効果的です。

具体的には、以下のステップを実施します。

  • 不要なアカウントは積極的に削除する
  • SNSをチェックする時間を限定する

これにより、他人の意見やライフスタイルに左右されず、自分自身の価値観に基づいて選択を行うことが容易になります。

方法4. 他人の評価を恐れずに生きる

大人になると、周りと調和を図りたいという願望から、自己中心的な行動を控えるようになることがあります。

これが、自分を抑えて他人に合わせる生活につながることも。

次のようなアプローチで、自分の意見を健康的に表現しましょう。

  • 自分の主張をただの一意見として受け入れる
  • 不明点があれば積極的に質問し、対話を求める
  • 意見の違いを受け入れ、それを自分の視野を広げる機会と見る

他人に流されることなく、自分の声を失わないように独立した考えを持つことが大切です。

まとめ:自分軸と他人軸を理解し、個性を活かす

自分軸で考えることを学ぶと、これまでどれだけ他人の目を気にして生活してきたかが明らかになります。

しかし、「他人軸から簡単には脱却できない」と感じる人もいるでしょう。

この記事で紹介した自分軸の利点や形成方法を参考にすることで、自分軸の思考を育てやすくなります。

自分らしい生き方を見つけ、自由に自己表現する喜びを味わいましょう。

以下のポイントがその実現に役立ちます。

  • 直感を信じ、自分の感情やひらめきに従う。
  • 自分の感情を理解し、日々の行動の背後にある感情をチェックする。
  • SNSの使用を控え、他人の影響から自立する。
  • 他人の評価を恐れず、自分の意見を健康的に表現する。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次