恋愛で失敗する酒癖の悪い女性。注意すべき行動とその対策

女性が飲酒時に不適切な振る舞いをすると、周囲からの評価が大きく下がることは残念ながら事実です。男性は意外と女性の飲酒時の様子に注目しています。

では、問題のある飲酒態度を持つ女性とは、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。もしかしたら、自分がモテないと感じている原因が、飲酒時の行動にあるかもしれません。

「飲んだら面倒な人」「一緒に飲みたくない」と思われないように、注意すべき特徴を把握しておくことが大切です。さらに、問題のある飲酒態度を改善するための対策も紹介します。

この記事の目次

「この女性、飲酒時の態度が問題あるな」と思われる特徴とは?

飲酒時の問題行動は、性別を問わず相手に悪い印象を与えます。では、実際に「この女性、飲酒時の態度が問題あるな」と思われる女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

飲酒時の問題行動1. 不適切な身体接触が増える

最初の特徴は、不適切な身体接触が増えることです。飲酒により抑制が効かなくなり、男性に対して過度な身体接触をしてしまうことがあります。

適度な身体接触は、男性の注意を引くために有効です。しかし、行き過ぎた身体接触やセクシーアピールは、かえって男性を遠ざける原因となります。

相手の注意を引きたい場合は、身体接触は控えめにすることが重要です。

飲酒時の問題行動2. 親しい友人に対する悪口が増える

飲酒によって、親しい友人に対する悪口を言うことが増えるのも、問題のある飲酒態度の一つです。

友人の悪口を言うことで、その友人の評判を下げるつもりかもしれませんが、実際には周囲から自分自身の評価が下がることに繋がります。

周りの人が「酔ったら悪口を言われるかもしれないから関わらない方がいい」と感じないように、そのような行動は早急に改めることが重要です。

飲酒時の問題行動3. 過去の恋愛話を延々とする

酔うと、忘れられない過去の恋愛話を延々とすることも、飲酒時の問題行動とされる女性の特徴の一つです。

現在の恋愛話は盛り上がるかもしれませんが、他人の過去の恋愛話にはあまり興味が持てないものです。

さらに、酔った人は同じ話を繰り返す傾向があります。その結果、飲酒時の問題行動を持つ女性は、何度も同じ過去の恋人の話を繰り返してしまい、周囲からは面倒に思われがちです。

飲酒時の問題行動4. 急に怒り出す

飲酒によって感情が高ぶり、急に怒り出すという問題行動を持つ女性もいます。

怒り出すと手がつけられなくなり、なだめようとすると説教が始まります。そして、説教が始まるとなかなか終わらないため、一緒にいる人は疲れ果ててしまいます。

そのため、仕事の付き合いがない限り、急に怒り出す性格の女性とは自然と距離を置くようになります。

飲酒時の問題行動5. かまってちゃんになる

アルコールの影響で、かまってちゃんになる女性もいます。

かわいらしい甘え方であれば問題ありませんが、

「なぜ放っておくの?」

「もっと私の話を聞いて」

「もっとかまって」

といった面倒な酔い方をする場合もあります。

大人が「かまってくれないと嫌だ」と駄々をこねる姿は、男性から敬遠されることが多いです。面倒な女性にならないためにも、このような行動はすぐに改めるべきです。

飲酒時の問題行動6. 下品な話題が増える

飲酒によって下品な話題が増える女性は、魅力的とは言えません。男性から見ると、下品な話題を好む女性は「気軽に話せる友達」のように見えてしまうことがあります。

もし飲酒が原因で下品な話題を好む性格であれば、周りの男性から恋愛対象外と見なされるかもしれません。

この問題行動を改善するには、自制心が効かなくなるほど飲まないように心掛けることが重要です。

飲酒時の問題行動7. 公共の場で嘔吐する

女性として、基本的なマナーを守りたいものです。飲酒によって気分が悪くなった場合、トイレまで行って一人で嘔吐するのが普通の対応です。

しかし、飲酒に問題のある女性は、人前で嘔吐してしまうことがあります。トイレ以外の場所で嘔吐すると、周囲の人が後始末をしなければならなくなります。

他人の嘔吐物を処理するのは不快なことです。自分が嫌なことは他人にもさせないように、注意が必要です。

飲酒時の問題行動8. どこでも酔いつぶれて寝る

酔いつぶれてどこでも寝てしまう女性も問題があります。

男性の場合、身の安全の心配が少ないため、放置する選択肢も考えられますが、女性の場合はそうはいきません。酔って道端で寝ている女性は、不審者に狙われやすく、危険な目に遭う可能性があります。

そのため、一緒に飲んでいる人たちが、寝ている彼女を起こし、安全な場所へ移動させる必要があります。このような行動は他人にとって非常に迷惑です。

飲酒時の問題行動9. 酔うと涙もろくなる

アルコールを摂取すると涙もろくなることはよくある現象です。一度泣き出すと止まらなくなり、周囲にとっては困った状況です。感動的な話題に弱く、涙を流しやすい性格の人が特にこの傾向に陥りがちです。

「あなたとの友情に感謝している」といった感謝の言葉から始まり、世界平和について熱く語る人など、泣き方には様々なパターンがありますが、共通して言えるのは、泣き声が騒がしいことです。

周囲の人が酔っていれば問題ないかもしれませんが、そうでない場合は周りに配慮する必要があり、面倒な状況になりがちです。

飲酒時の問題行動10. 座り込んで動かなくなる

泥酔して、その場に座り込んでしまうのも、飲酒時の問題行動の一つです。結局、一緒にいる人が無理やり立たせて引っ張って歩かせなければならないことが多くなります。

泥酔して歩く意欲がなく、全く立ち上がらない様子は、まるで子どものイヤイヤ期のようです。このような行動は非常に迷惑です。このような態度を繰り返すと、周囲からの飲み会の誘いが減るのも理解できます。

飲酒時の問題行動が男性からの人気を損なう理由

飲酒時に問題行動を起こす女性は、一緒に飲む際に迷惑な存在となります。さらに、そのような女性は男性からの人気がないという特徴もあります。男性から見て、飲酒時に問題行動を起こす女性に対する印象について解説します。

理由1. 単純に酔った時の振る舞いが面倒

飲酒時に問題行動を起こす女性が男性から人気がない理由の一つは、単に酔った時の振る舞いが面倒だからです。酔うたびに絡んだり、泣いたり、下品になったりすると、一緒に飲むこと自体が億劫になります。

飲酒時に問題行動を起こす女性は、「面倒な存在」と見なされがちで、その結果、男性からの好感度が低下する傾向にあります。

酔って男性に迷惑をかけることは、自己価値を下げる行動です。注意が必要です。

理由2. 浮気の懸念

飲酒時の問題行動が男性からの人気を損なう理由の一つは、軽い印象を与えることです。

酔った状態で男性に対してボディタッチが増える女性は、恋人として望ましくないと考えられがちです。なぜなら、自分に対して親しげにするように、他の男性にも同じ行動を取る可能性があるからです。知らずに他の男性と一緒に帰ってしまうようなことがあれば問題です。

気軽に男性に近づくような行動は、男性から「浮気しそうな女性」と見なされ、魅力を感じられなくなる原因になります。

理由3. 下品な振る舞いが魅力を損ねる

泥酔して公共の場で嘔吐したり、周囲に迷惑をかけたり、酔っぱらって他人に持ち帰られそうになったりする女性は、男性から「品がない」と思われがちです。

「酔うと楽しい子だ」というイメージを超えて、「酔うと品がなさすぎる」と感じられると、魅力が損なわれます。

エレガントにお酒を楽しむ姿が魅力的な女性とされるため、気になる男性を失望させないよう注意しましょう。

理由4. ギャップによる失望

「普段はしっかりしている女性が、ふとした瞬間に弱さを見せる」というギャップは、男性を惹きつける要素となります。

一方、「普段は普通の女性なのに、お酒を飲むと別人のようになってトラブルを起こす」というギャップは、男性にとってマイナスの印象です。このようなネガティブなギャップが原因で、お酒の問題を抱える女性が人気がないのです。

お酒を飲む場面はリラックスした雰囲気で、気になる相手との距離を縮める絶好の機会です。このチャンスを無駄にし、自分のイメージを損ねるのは残念なことです。

お酒の問題は改善できる?対策と対処法

お酒の問題を抱える女性は、同性からも面倒だと思われがちで、男性からも魅力を感じられないことがあります。では、このような問題を解決するための対処法はあるのでしょうか。残念な印象を持たれないためにも、改善方法を知っておきましょう。

ここで紹介する対処法を実践して、問題を克服してください。

対処法1. 自分の飲酒限界を把握する

まず重要なのは、「自分の限界を知ること」です。親しい友人や家族、または一人で飲む際に、「自分がどれくらいで酔い、どれくらいで周囲に迷惑をかけてしまうか」を確認しておくことをお勧めします。

「何杯で酔うか」が分かっていれば、自然と飲酒量をコントロールできます。

自宅で実験して、限界に達したらすぐにトイレに駆け込むか、ベッドで休むようにすると良いでしょう。

対処法2. 水を飲む

次の対処法は、お酒を飲む際に水も一緒に飲むことです。お酒に弱いと感じる場合、この方法で一定程度改善できる可能性があります。

お酒と同量の水を飲むと、酔いにくくなると言われています。また、翌日の二日酔いも軽減されるため、水を多く飲むことをお勧めします。

飲み会では、お酒と同じ量の水を注文しておくと良いでしょう。

対処法3. 自分に合ったお酒を見つける

飲み会でよく注文するお酒を思い出してみてください。もしかしたら、特定のお酒を飲むと特に酔いやすいかもしれません。

お酒の種類を変えてみることをお勧めします。人によっては、お酒の種類によって酔いやすさが異なります。

ただし、「好きなお酒」と「酔いにくいお酒」が異なる場合もあるため、様々なお酒を試してみて、自分に合ったものを見つけることが大切です。

また、様々なお酒を混ぜて飲むと酔いやすくなるため、飲むお酒は1~2種類に絞ることが賢明です。

対処法4. お酒でストレス解消をしない

お酒を飲み過ぎてしまう人の中には、「日頃のストレスをお酒で解消しよう」と考えている人が多いです。

しかし、お酒はストレスの根本的な解決にはなりません。また、制御を失って飲むのは、大人としてのマナーに反します。

お酒を飲む目的は、ストレス解消ではなく、周りの人たちと楽しく過ごすことにあるべきです。

お酒以外にストレス解消法を見つけることも、お酒の問題を解決するためには有効です。

対処法5. 定期的に運動を取り入れる

お酒の問題を改善するためには、定期的に運動をすることが効果的です。運動を習慣化することで、健康的な食生活を心掛けるようになり、お酒への依存度を減らすことができます。

さらに、ポジティブな思考になることで、「ストレスをお酒で解消しよう」という考え方が薄れます。

お酒から距離を置きたい場合、運動を始めることを検討してみましょう。

まとめ:問題ある飲酒習慣を改善して、モテる自分になろう!

結論から言うと、女性の飲酒態度は周囲や男性からの評価に大きく影響します。問題のある飲酒態度を改善するためには、以下のような対策が効果的です。

  • 自分の飲酒の限度を知る
  • お酒と一緒に水を飲む
  • 自分に合うお酒を選ぶ
  • ストレス解消にお酒を使わない
  • 定期的に運動する

これらの対策を実行することで、問題のある飲酒習慣を改善し、魅力的な自分を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次