【占いと感情カウンセリングの違い】悩み相談はどちらがいい?その違いとメリット・デメリットを紹介

人生には悩みがつきものです。

自分で解決できないときは誰かに相談したくなります。

しかし、誰に相談すればよいのでしょうか?

占いやカウンセリングという選択肢があります。

カウンセリングは行きにくくて、悩み相談は占いに行くというのも昔の話です。

最近はカウンセリングも占いも気軽に受けていらっしゃいます。

占い師は、未来や運勢を占ってくれます。

私、感情カウンセラーは、悩みをお聴きしながら感情のクリアリングをサポートします。

では、占い師に相談するのと感情カウンセラーに相談するのとではどう違うのでしょうか?

この記事では、それぞれのメリットとデメリットを比較してみます。

この記事の目次

占いとは

占い師は、占術に基づいて相談者の過去や現在、未来の運勢や相性などを鑑定し、問題解決や開運のためのアドバイスをします。

占い師は相談者の気持ちに共感することも大切ですが、占いの結果をもとに話を進めていきます。

占いのメリットとデメリット

占い師の特徴

占い師は占いを通して、相談者に直接的な解決策をアドバイスする

占いのメリット

占い師に相談するメリットは、次のようなものがあります。

①未来や運勢を知ることができる

占い師は、生年月日から作られたホロスコープや命式、その時あなたが選ぶカードなどの方法で未来や運勢を占ってくれます。

自分の将来に不安がある時に明るい運勢を知ったり、悩み解決の道筋をアドバイスしてもらえれば気持ちも落ち着き、意欲も出てきます。

②自分の性格や強みを知ることができる

占い師は、生年月日や血液型など様々な情報から相談者の性格や強みを分析します。

自分の長所や短所を知ることで、自己理解や自信が深まります。

③気分転換や癒しになる

占い師は、悩みを聞いてくれるだけでなく、励ましてくれたり、楽しませてくれたりします。

相談者には鑑定結果への期待で心がワクワクするエンターテイメントの面もあります。

気分が沈んでいるときやストレスが溜まっているときには、占い師に話すことでホッとするでしょう。

占いのデメリット

占い師に相談するデメリットは、次のようなものがあります。

①鑑定結果に依存してしまう

占い師の言うことに頼ってしまうと、自分で考えたり行動したりする力が低下します。

また、鑑定結果が想像より悪かった場合は、不安や恐怖が増したり、自己嫌悪に陥ったりする可能性があります。

②占い師の質や信頼性は要調査

占い師は誰でもなれるわけではありませんが、資格や免許も様々です。

占い師を選ぶときは、口コミや評判などをよく調べましょう。

③悩みの根本原因はわからない

占い師は未来や運勢を占ってくれますが、悩みの心理的な原因を教えてくれるわけではありません。

望む未来に向けて自分で問題に向き合って、行動することも大切です。

占いがおすすめな人

  • 自分の運勢や未来に興味のある人
  • 誰かに答えを教えてもらいたい人

感情カウンセリングとは

感情カウンセラーは、一般社団法人感情カウンセラー協会のプログラムに基づいて相談者の悩みを聴きます。

感情カウンセラーは、相談者が自分の本音に気づき、行動変容が自然に起きようにサポートします。

そのため、直接的な即効性のあるアドバイスはしません。

感情カウンセリングのメリットデメリット

感情カウンセラーの特徴

感情カウンセラーは会話を通して、相談者に自分で答えに気づくようサポートする

感情カウンセリングのメリット

感情カウンセラーに相談するメリットは、次のようなものがあります。

①感情のプロが悩みを聴いてくれる

感情カウンセラーは、カウンセリングの技術「傾聴」を使いながら、あなたの心に寄り添ってお話を丁寧に聴きます。

感情のプロである感情カウンセラーと話すことで、気持ちを整理し、自分の感情をコントロールしたり、他者の感情に対応したりすることを目指します。

②自分の本音に気づき心がすっきりする

感情カウンセリングでは、あなたの心の声に耳を傾けます。

あなたが話すことに対して、深く理解しようとする質問や、気づきを促すフィードバックをします。

そうすることで、あなたは悩みの奥に隠れていた自分の本当の気持ちに気づくことができるでしょう。

③悩み以外でも話したいことが話せる

感情カウンセリングでは、公序良俗に反しなければ、あなたが今話したいことを何でも話せます。

もちろん、恋愛や仕事、家族などの具体的な悩みも相談できますが、それだけではありません。

例えば、こんなことも話せます。

  • 自分の感情や心理についてもっと知りたい
  • 自分の強みや魅力を見つけたい
  • 人間関係やコミュニケーションスキルを向上させたい
  • 愚痴や不満を吐き出したい
  • 自慢話や幸せな話をしたい

感情カウンセリングのデメリット

感情カウンセラーに相談するデメリットは、次のようなものがあります。

①費用がかかる

感情カウンセラーに相談するには、費用がかかります。

当サイトの感情カウンセリング通常セッション価格は
単発セッション(1回40分):13,200円(税込)
継続セッション(1クール10回):110,000円(税込)です。

費用面で無理をしないように注意しましょう。

②即効性のある直接的なアドバイスは得られない

感情カウンセラーは、相談者の気持ちに寄り添い、ご自身で気づきを得ていただくことを重視しています。

そのため、すぐに効果のあるようなアドバイスはしません。

答えが欲しい方には不向きです。

③申し込みからセッションまで時間がかかる

感情カウンセラーに相談するには、お問い合わせから契約成立、カウンセリング当日まで1~数日、時間がかかります。

お急ぎの場合は、エキサイトお悩み相談室から待機リクエストをお申し込みください。

すぐに対応できるとお約束はできませんが、サイトの規約に則って悩みをうかがいます。

その時は「あめのそよかぜを見た」とおっしゃっていただけたら助かります。

感情カウンセリングがおすすめな人

  • 自分の感情や心理に悩んでいる人
  • 自分で答えを見つけたい人
  • 自分の成長や変化に興味がある人

まとめ:占いか感情カウンセリングかで迷っている方へ

占いと感情カウンセリングは、どちらも悩みを相談できるサービスですが、その内容や目的は異なります。

占い感情カウンセリング
強み答えをもらえる自分で答えを出す
メリット①未来や運勢を知ることができる
②自分の性格や強みを知ることができる
③気分転換や癒しになる
①感情のプロが悩みを聴いてくれる
②自分の本音がわかり心がすっきりする
③悩み以外でも話したいことが話せる
デメリット①鑑定結果に依存してしまう
②占い師の質や信頼性は要調査
③悩みの根本原因はわからない
①費用がかかる
②即効性のある直接的なアドバイスは得られない
③申し込みからセッションまで時間がかかる

あなたはどちらが自分に合っていると思いますか?

占いと感情カウンセリングの違いを知って、自分にぴったりのサービスを選んでください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次