話を遮る人の特徴とコミュニケーションでの対処法

日常生活で円滑なコミュニケーションは欠かせませんが、会話を途中で中断するような問題が発生することもあります。

この記事では、会話を中断する人々の特性、その背景、そしてそのような行動を改善する方法について詳しく掘り下げます。

さらに、相手を尊重することの重要性も説明します。

この記事の目次

会話を中断する人々の特徴

特徴1. 思いつきをその場で言う

会話を中断する人たちは、ふと思いついたことを考える間もなくすぐに口にすることが多いです。

予期せぬ発言をしたり、話の流れにそぐわないことをポツリと言うことが頻繁にあります。

他人が何かを説明しているときでも、何かをふと思い出すと、相手が話し終わる前に言葉にしてしまいます。

特徴2. 忍耐が足りない

多くの会話中断者は、相手の話を最後まで待つのが苦手です。

早く話を終えたいと思う一方で、自分の番を待つのが難しいと感じることもあります。

過去に発言のタイミングを逃して後悔した経験があるため、焦って会話に割り込むこともあります。

特徴3. 他人の意見を無視する傾向

自分の意見と異なる考えを受け入れない人は、会話中に他人の話を中断することがしばしばあります。

他人の異なる意見が周囲に影響を与えることを恐れ、その意見を受け入れないことを選びます。

自分にとって無意味な意見を聞くことは、時間の浪費だと考えがちです。

会話を中断する理由と対策

理由1. 自己表現の強さ

自己の感情や意見を最優先にする人は、自分の考えを強調するために他人の話を中断することがあります。

これらの人々は自分の立場を積極的に主張し、他人を説得しようとする傾向が強いです。

理由2. 支配的な性格

会話で主導権を握りたいと思う人々は、他の参加者を支配しようとする傾向があります。

彼らは他人の発言を遮って自分の話を進め、会話のコントロールを試みます。

理由3. 感情の高まり

怒りや他の強い感情が湧き上がると、人々は冷静さを失いがちで、他人の話を中断することがあります。

感情が高まると、他者の言葉に集中することが難しくなります。

理由4. 時間のプレッシャー

時間が限られている状況や、急いでいる時には、会話を素早く終わらせようとして相手の言葉を遮ることがよくあります。

このような急ぎや時間制限が、会話を中断する主な理由の一つです。

会話を中断する人への対応

対応1. はっきりと指摘する

会話が途中で遮られる場合、「まだ話が終わっていません」と明確に伝えることが大切です。

人の話を途中で遮るのは不適切であり、相手に注意を促すことで改善を求めるべきです。

対応2. 話を一時的に受け入れる

会話を遮る人の中には、無意識に、または良かれと思って行動する人もいます。

こうした人々には一度話を聞き、彼らが発言を終えた後で、自分の話を再開すると効果的です。

つい話を遮ってしまう人はこうしてみて

話を遮る癖があると自覚のある人は、コミュニケーションでは次の点に注意してみてください。

エコー方式で聞く

相手の話を途中で遮らない最良の方法は、その話を最後まで注意深く聞くことです。

もし黙って最後まで聞くのが難しい場合、相手の言葉をエコーのように反復してみるとよいでしょう。

例えば、子供が「今日は学校帰りに友達と遊んだ」と言った場合、「今日は友達と遊んできたんだね」と繰り返すといいです。

これを行うことで、相手は自分の言葉がきちんと理解されていると感じ、もっとリラックスして話ができるようになります。

この方法は、話し相手が心地よく話せるようにするために有効です。

積極的に頷く

積極的に頷くことは、聞き手が話を理解しているという明確なサインです。

話をしている人は、自分の言葉が受け入れられていると感じることで、もっと自分を開放します。

頷くことは「あなたの話をちゃんと聞いています」というメッセージを伝え、話し手に安心感を与えるのです。

ただし、単に無意識に頷くのではなく、話し手の話のリズムに合わせて適切に頷くことが大切です。

会話を中断する習慣がある人は、自らの口を閉じ、意識的に頷くことに集中することが効果的です。

話し手に敬意を示すことの重要性

コミュニケーションで相手に敬意を示すのは重要です。
具体例を職場で見てみましょう。

「絶対に」と言わずに柔軟に

リーダーの役目は、部下の特性や意見を引き出し、それを活かすことです。

しかし、
×「絶対に、この方法で進めなければならない」
と断定して、
部下の発言を無理やり遮る上司が多くいます。

このような表現は、相手の意見を全否定し、対話を無価値なものとして終わらせる意図があると受け取られます。

急いで決断を下さなければならない状況であっても、「絶対に」という言葉を使って他人の考えを切り捨てるのは不適切です。

このような言動は相手を敵に回すことになります。

部下が意見を述べるときは、最初に
○「○○さんの考えには理解があります」
○「○○さんの視点は聞いて理解しました」
と受け入れることが重要です。

その上で、
○「ただ、今は時間が限られているため、私の判断を優先させてください」
○「この問題については、私が責任を持って進めますので、ご了承ください」
などと自己の立場を明確にすれば、部下も納得しやすく、モチベーションを維持できます。

コミュニケーションの改善

効果的なコミュニケーションは、相互理解と共感を育むために不可欠です。

人の話を遮る行動は、会話を阻害し、信頼関係を損なう可能性があります。

相手を尊重し、コミュニケーション能力を向上させることで、良い関係とスムーズな対話が築けます。

会話を遮る癖を見直し、尊敬の気持ちを持ってコミュニケーションを行うことが大切です。

具体的なポイントは次の通りです。

  • 「絶対に」という断言を避け、相手の意見を受け入れる。
  • 急いでいる状況でも、他人の意見を尊重し、適切に対応する。
  • エコー方式で聞くことや積極的に頷くことで、話し手に安心感を与える。
  • 会話を遮る癖を改善し、相手を尊敬することで、より良い関係が築ける。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

【ご注意】メルマガ登録は、
認証メールをクリックして手続き完了です。

下のフォーム送信後、
認証メッセージが届いているかご確認ください。

届いていない方は
迷惑メールボックスに振り分けられていないか
ご確認ください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次