【フルールドセル】フランス・パリのMonoprixでやっと再会できた日本では買えないエスプレット唐辛子入りフルールドセル。

所属する合唱団の演奏旅行でパリに行きました。

水を買うためにスーパーのMonoprixに入って他の棚も見ていると、アッ!
「手に入らなくてあきらめていた塩」に似たブレンドソルトを見つけたのです。

なんと嬉しいことでしょう。

今回は、パリ土産定番のフランスの塩「フルールドセル」についてと日本では入手困難なブレンドソルトをご紹介します。

パリ土産・食品の定番は?
チーズ、バター、塩、オリーブオイル、スパイス、ジャム、はちみつ

この記事の目次

フルールドセルとは

天然塩の中でもフルールドセルは特別な塩です。

フランス語で「塩の花」を意味するのが Fleur de Selフルール・ド・セルです。
良質の塩田に引き込んだ海水が一定の気象条件と塩分濃度によって水面に結晶化したものをすくい取ったものです。

湿気の多い日本とは違い、フランスは乾燥しているため、煮詰めなくても塩田で塩が結晶化するようです。

収穫には熟練した技術が必要で、また、収穫量が少ないため貴重な塩となります。
塩化ナトリウム以外にもカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル豊富の天然塩の滋味深さは、世界中の料理人に人気があります。

フランス生まれのフルールドセル「塩の花」は海水から作られた希少な天然塩

フルールドセル5つの特徴

  • 塩田の水面に結晶化した塩は丁寧に収穫される伝統的な製法による塩です。
  • 添加物が一切入っていない100%天然海塩はミネラル成分をたっぷり含み健康にも良い塩です。
  • 食材のうまみ、あまみを最大限に引き出してくれ、幅広く使える塩です。
    まろやかで深みのある味は料理の風味を引き立てます。
  • ゲランド、レ島、カマルグが三大産地として有名です。
    それぞれの産地によって微妙な味の違いがあります。
  • サラダや肉料理、魚料理、また、塩キャラメルやガトーショコラなどのスイーツにも使われます。

フルールドセルのフランス三大産地

  1. ゲランド(Guérandeゲランド ブルターニュ地方西海岸)
  2. レ島( Île de Réイル・ド・レ 大西洋岸に浮かぶ2番目に大きな島)
  3. カマルグ( Camargueカマルグ 南仏プロバンス

フルールドセルの選び方

最も大切なのは、フルール・ド・セルと産地の表記があるかどうかです。

フルールドセルは塩田の海水面に自然結晶したものをすくい取って収穫した塩をいいます。
特にゲランド塩のフルールドセルは厳格に規定されています。

表示例)Fleur de Sel de Guérande
 ⇒ゲランド産のフルールドセル

それに対して、SEL GROSやSEL FINは粒子の大きさを示しているだけです。
フルールドセルではない塩もあるので注意しましょう。

  • SEL GROS(セル・グロ)⇒粗塩
  • SEL FIN(セル・ファン)⇒細かい塩

ハーブHerbes、トリュフTruffe、スパイスなどで風味をつけたブレンドソルトもあります。

フルールドセルのパリでの入手法

パリでは百貨店の調味料コーナーやMonoprixなどのスーパーで、箱・布・紙袋などに包まれて売られています。

百貨店

大手スーパー

モノプリ(MONOPRIX)
https://www.monoprix.fr/

柴田ともみ

パリ土産で有名になったのがモノプリのエコバッグ。
モノプリはプチプラなパリ土産が買える優れもののスーパーマーケットです。

日本ならカルディ

日本でフルールドセルが手軽に買えるのはカルディです。
カルディ以外にもネット通販で入手が可能です。

2023年7月15日現在のお値段は
カマルグ産フルールドセル125g 1,110円(税込)

写真の左隣は、ゲランドの塩125g 586円(税込)
※ゲランドの塩の方はフルールドセルではありません。

フルールドセルのエスプレット入りを見つけた!

忘れられない味との出会い

7~8年前になりますか。
娘がニューカレドニアに旅行した時に、ワイン店でミルに入った洒落た塩を見かけてお土産に買ってみたそうです。

娘が美味しいというので使ってみると、肉料理、魚料理、何に使っても確かに美味しい!
野菜炒めもこれで炒めると野菜のうまみが生かされ絶品に。

どんどん使って。
日本でもどこかに売っているだろうと軽く考えていました。

どんどん減って。
先が見えてきたら、これがなくなったら次は本当にあるのか!って不安が出てきました。
娘の物をこんなに使っちゃって悪いという罪悪感も。

ネガティブな感情が表にあぶり出てきました。
食べることは生きる本能なので、余計に不安があおられたのかもしれません。

探さなければ!
執念で探し始めました。

商品ラベルからわかったこと

問題のブレンドソルトはこちら。

ニューカレドニアはフランス海外領土なのでフランス産なのだろうな…。
確かにラベルはフランス語です。
翻訳アプリで訳してみました。

商品ラベルからわかったこと
  • Les Oréliades(レ・オレリアード)はブランド名らしい。
  • Gros sel au Piment d’Esplettoは「エスプレット唐辛子入り粗塩」の意味
  • 内容は、地中海粗塩、8%AOPエスプレット
  • 製造者住所

キーワードは「エスプレット」でした。

柴田ともみ

エスプレットの前に書かれているAOPは「原産地保護呼称」を示し、EUが品質認証している証だとわかりました。

エスプレットとは?

ピレネー山脈をはさんでスペイン北西部からフランス南西部エスプレット村にまたがる地域をバスクといいます。
この地域で生産される唐辛子、その粉をピモン・デスプレットあるいは単にエスプレットと呼びます。

Piment d’Esplettoとは、バスクで生産される唐辛子のこと

唐辛子の名前になるくらい、産地のエスプレット村は唐辛子で有名です。
チョコにもアイスにもチーズにもエスプレット唐辛子を入れたものがあるそうです。

その味は、唐辛子といいながらも辛みは日本のものよりマイルドです。
控えめな辛さと香りが料理にアクセントを添えます。

日本では入手困難なエスプレット入り粗塩

当時、商品ラベルの情報で検索してもお目当ての物を見つけることはできませんでした。

柴田ともみ

最近は検索できています。
時間をおいて検索してみると出てくることもあるようです。

また、「エスプレット」で日本国内を検索しても粗塩と合わせたものはありませんでした。

エスプレット入り粗塩は、日本では入手困難な塩だったのです。

製造者サイトに問い合わせた結果

画像検索をしてみると、同じ形のミルがヒットしました。
出てきたのがこちら。

ミルの形はそっくりですが、ラベルも色も全然違いますね。
だけど、住所が合致しました。

これだ!

思い切って娘が英語で問い合わせをしてみました。
その結果は…。

フランス語ではなかったからか、日本へ送ってくれないかという依頼が突拍子もなかったのかお返事が来ることはありませんでした。

こうして、私の心に「いつかフランスでエスプレット入り粗塩に出会いたい」という願いが生まれたのです。

Monoprixのフルールドセル・エスプレット入り

2023年6月。
パリで、水を買うために入ったMonoprixで見つけました。
オペラ座百貨店ギャラリーラファイエットの近くです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルドなどの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次