離婚したくない場合の奥の手。絶対やってはいけない行動も解説。

予想外に離婚を提案されたとき、多くの人はできれば話し合いで関係を修復したいと考えるでしょう。

しかし、どのように離婚を拒否すればいいのか、具体的なアクションプランが見えず、戸惑うこともあります。

離婚を回避する方法は何か?
離婚したくないとき、どのように対応すればいいのか?

こうした疑問に応えるため、離婚を回避するためのテクニックと絶対に避けるべき行動をご紹介します。

この記事の目次

離婚を望まないとき、どう対応すべき?

離婚を望まないと感じているものの、パートナーから提案されると不安になることはよくあります。

特に女性にとっては経済的な不安や、子供がいる場合の心配が大きいものです。

まず理解しておくべきは、離婚に応じる必要がないという選択肢があるということです。

その詳細を解説します。

離婚を拒否することも選択肢の一つ

パートナーから離婚を求められたとき、必ずしも応じる必要はありません。

日本では多くの離婚が「協議離婚」とされ、これは双方の合意が必要です。
離婚の意思がない場合は、合意せずに協議を続けることができます。

離婚は一方的に決定されるものではなく、拒否することも可能です。

さらに、裁判になることを考え、自分の意思を明確に示すことが重要です。

裁判で有利に立つために、証拠となる記録を残しておくことをお勧めします。

例えば、LINEやメールで「夫婦関係を修復したい」と伝えるメッセージを保存することが効果的です。

法定離婚原因が存在する場合の対応

通常、離婚の提案は拒否することができますが、特別な状況では例外が生じます。

その例外は、あなた自身が不倫やDVなど、法的に認められる離婚原因を引き起こしている場合です。

これらの理由がある時、相手は十分な証拠を持って離婚を申し出ることが一般的です。

証拠が揃っている場合、離婚調停に進むとあなたの立場は非常に不利になります。

証拠がある限り、口頭での反論は効果がほとんどありませんし、最終的には離婚を拒否できない上に、慰謝料を支払うことも求められるかもしれません。

自分の行動が原因の場合は、それを受け入れるしかありません。

法定離婚原因がある場合、拒否が難しく、現実を受け入れることが重要です。

大見出し:離婚を避けるための秘策を徹底解説

突然の離婚提案に直面して、どうしても離婚を避けたいと願う人は多いです。

ここからは、離婚を避けるための具体的な方法を詳しく解説します。

離婚届不受理申出書の提出

離婚を避ける手段として「離婚届不受理申出書の提出」があります。
この手続きは市町村の役所で行うことができます。

これは、感情的になった相手が勝手に離婚届を提出するのを防ぐためのものです。

離婚届の捏造や不正提出は犯罪行為ですが、感情的な状態での行動は予測が難しいため、事前にこの申出書を提出しておくと安心です。

もし役所に行く時間がない場合でも、この申出書は郵送や代理人を通じても提出することが可能です。

離婚の話が持ち上がったら、まずはこの手続きを行うことをおすすめします。

パートナーの意見を理解し、離婚希望の理由を深掘りする

離婚を回避するために重要なアプローチの一つは、「パートナーの意見を理解し、離婚希望の根本原因を探る」ことです。
パートナーが離婚を提案する理由を丁寧に対話を通じて解明しましょう。

離婚を突然提案されると、多くの人が動揺するものですが、そうした状況でも冷静さを保つことが求められます。

パートナーの言葉をただ聞くのではなく、その背後にある感情や理由を理解することが大切です。

時には反論したくなることや、怒りが湧くこともあるかもしれませんが、感情的になると問題をさらに複雑化させることになります。

そのため、最初はゆっくりとパートナーの話を聞き、離婚への決意がどこから来ているのかを掘り下げることが重要です。

相手の主張に違和感がある場合は調査を深める

もう一つの重要なテクニックは「相手の主張に違和感がある場合、詳しく調査する」ことです。

対話中に相手の言葉が一貫しなかったり、何か違和感を感じたら、その背景に何があるのかを探るべきです。

例えば、相手が何かを隠している可能性、特に不倫などがある場合、離婚の理由を作り話すことも考えられます。
このような場合、対話を通じて相手が矛盾した発言をする可能性があります。

初期の段階で適切に調査を行うことにより、相手の真意や本当の離婚理由が明らかになることがあります。

ただし、不倫の証拠を集めることは専門的な知識が必要であり、簡単ではないため注意が必要です。

そのため、費用がかかりますが、プロの探偵事務所に依頼してしっかりとした証拠を確保することをお勧めします。

もし裁判で相手の不倫が確認されれば、適切な証拠があれば離婚を拒否する選択も可能です。

また、離婚が決定しても、その証拠をもとに相手に慰謝料を請求することができるため、証拠を持っていることは有利です。

「相手が不倫をしているかもしれない」という不安があるかもしれませんが、将来の交渉を有利に進めるためにも、調査を行う価値は大いにあります。

自分の感情を整理する

離婚を避けるもう一つの方法は「自分の感情を整理する」ことです。

離婚を望まない理由や、夫婦関係を修復するための現実性について、冷静に考えてみましょう。

まず、なぜ離婚したくないのかというあなたの理由が重要です。

一般的な理由としては、次のようなものが挙げられます。

  • パートナーへの愛情がまだ残っている
  • 経済的な不安がある
  • 子供の将来を心配している

パートナーへの愛情が離婚を望まない主な理由なら、その気持ちを相手に伝えることから始めましょう。

経済的な不安や子供のことを考えているなら、他の選択肢を検討する価値もあります。

場合によっては、別の生活を選ぶことが自分や子供にとって最善の選択かもしれません。

「離婚」という選択肢を考えたとき、夫婦関係を修復するのは現実的に難しいかもしれませんが、不可能ではありません。

持続的な努力が必要で、特に始めのうちはあなたの努力がより求められるでしょう。

相手の愛情が薄れている状況で、それに見合う努力を続けられるかどうかも考えてみてください。

離婚したくないという気持ちだけでなく、その理由や他の選択肢も冷静に分析することが重要です。

プロのカウンセラーから支援を受ける

離婚を避けるための重要な手段として、「プロのカウンセラーから支援を受ける」ことがあります。

感情が高ぶり、自分の考えを整理できない時には、プロのカウンセラーに相談することが効果的です。

カウンセラーからは冷静かつ的確な助言を期待できます。特に、離婚問題に真剣に悩んでいる場合は、専門のカウンセラーにカウンセリングを受けることを推奨します。

また、両者の意見を公平に聞き、中立的な立場からアドバイスを提供する夫婦カウンセリングも利用できます。

中立的な第三者を通じた対話

もう一つの離婚回避策として、「中立的な第三者を通じた対話」が有効です。

互いに信頼できる第三者が仲介することで、感情が高まるのを防ぎ、冷静な会話が可能になります。

夫婦間の会話が感情的になるのは一般的ですが、第三者が加わることでより冷静な判断がしやすくなります。

信頼できる第三者が介在すれば、その人物が両者の性格や過去の行動を理解していることも多く、提供される意見が非常に役立ちます。

このように、信頼できる人物を介しての対話は、建設的な方向に議論を導く効果的な手段です。

自らの過ちを認めて謝罪する

離婚を回避する重要な手段の一つに、「自らの過ちを認めて謝罪する」があります。

離婚を避けたい場合、自己反省は欠かせません。パートナーがあなたに対して抱いている不満をしっかりと理解し、それに対して素直に謝罪しましょう。

感情が高ぶることもあるでしょうが、その際は自分を抑えることが重要です。

怒りで応じると、問題をさらに悪化させるだけです。
相手も誠実な謝罪には心を開きやすくなり、関係の修復に繋がることがあります。

ただ謝罪するだけでなく、どのように行動を改めるかを具体的に伝えることも大切です。
これにより、あなたの誠意が伝わり、信頼の回復へと繋がります。

相手に変化を求めすぎない

もう一つの離婚回避テクニックは「相手に変化を求めすぎないこと」です。

パートナーへの不満があっても、今は相手に変わることを強制しない方がよいでしょう。

自分の不満を述べるとき、相手も防御的になることが多いですが、これを避けるためにも、まずは自分自身の行動を見直し、改善に努めるべきです。

あなたが積極的に改善を試みる様子が見えれば、相手も自然と自己反省を始めるかもしれません。
これが徐々に関係の改善に繋がることが期待できます。

始めは困難に感じるかもしれませんが、自分自身の改善を優先し、その姿勢をパートナーに示しましょう。
これによって、双方が成長し、夫婦関係の修復が進むことが望めます。

共通点を見つけて関係を徐々に修復する

離婚を避ける手段の一つに、「共通点を見つけて徐々に関係を修復する」方法があります。

まずは相手の不満点を理解し、互いの価値観を尊重することから始めましょう。

長く一緒にいた夫婦なら、始めに感じる不満は大抵些細なものです。

そこで、小さな価値観の違いから始めて、自分の意見だけが正しいという考え方を改めることが重要です。

人それぞれ異なる考え方があるため、相手の意見に耳を傾け、理解しようとする姿勢が大切です。

お互いに妥協できる点を探りながら、少しずつ歩み寄るように努力しましょう。

冷静に会話を進めることが大切で、必要に応じて第三者を交えたり、素直な気持ちで話し合うのも効果的です。

必要に応じて夫婦関係調整調停を利用する

離婚を避けるもう一つの手段として、「必要に応じて夫婦関係調整調停を利用する」方法もあります。

この調停は、夫婦関係の修復を目指しており、夫婦双方の意見を聞き、関係が破綻した原因や解決策を探るのが一般的な流れです。

特に直接対話が難しい場合は、調停を通じて冷静な話し合いが行えるため、この方法が推奨されます。

ただし、調停には法的な強制力はなく、法的義務も伴わないため、決定事項が強制的に実施されるわけではありません。

調停を申し立てる際には費用も発生するため、可能な限り自分たちで解決を目指すことが望ましいですが、自分たちだけでは解決が難しい場合にこの手段を検討するのも一つの選択肢です。

離婚したくない場合の避けるべき7つの行動

「どうしても離婚したくない」「何とかしてパートナーに考えを変えてほしい」と感じる時、絶対に避けるべき行動があります。

これらの行動を取ると、関係が修復不能になるリスクが高まります。

以下で、離婚したくない場合に避けるべき行動について詳しく説明します。

別居を最終手段とする

離婚を避けるためには、「別居を最終手段とする」ことが重要です。

パートナーから別居を提案された場合でも、可能な限り別居は避けましょう。
離婚の話が出た際には、別居をすぐに選択することは避けるべきです。

「少し距離を置いて冷静になる」という理由で別居が行われることが多いですが、この判断が離婚への道を開くこともあります。

別居後、相手が離婚の準備を進める可能性もありますし、長期にわたる別居は裁判で夫婦関係の破綻と見なされることが多いです。

一時的な別居を考えていても、相手が離婚を前提に別居期間を延ばす理由を探すこともあります。

また、同じ屋根の下にいないと、必要な対話が進まず、関係の改善が難しくなります。

そのため、離婚したくない場合は、安易な別居を選択しないようにし、他の方法で夫婦関係の改善を図るべきです。

問題を独力で解決しようとしない

離婚を回避するために「問題を独力で解決しようとする」ことも避けるべきです。

パートナーから離婚を提案されたとき、不安や過去の行動に対する後悔で精神的に追い詰められがちですが、これを一人で抱え込むと心身の健康を害するリスクがあります。

悪い方向に考えが偏りがちになり、時には相手を傷つける行動に出てしまうこともあります。

このような状況を避けるため、匿名の相談窓口や専門のカウンセリングを利用すること、また離婚問題に精通した弁護士に相談することも有効です。

法的な側面からのサポートが必要な場合が多いので、専門家に相談することで、状況に応じた具体的な対策やアドバイスが得られます。

弁護士への相談が敷居が高く感じるかもしれませんが、離婚に関わる法的な問題は複雑であるため、適切な対応をとるためには専門的な知識が必要です。

そのため、離婚を進める場合もしない場合も、一人で悩むことなく専門家の助けを求めることが推奨されます。

感情的な非難を避ける

離婚を望まない場合に絶対に避けるべき行動の一つは、「相手を感情的に非難する」ことです。

離婚を提案された際の怒りやショックで相手を攻め立てると、相手の心がさらに離れてしまうことがあり、場合によっては家庭内暴力(DV)と見なされるリスクもあります。

特に、過激な言葉の使用は「モラルハラスメント(モラハラ)」と認定され、裁判で不利な立場に立たされる可能性があります。

一度の発言が録音され、日常的な虐待の証拠として利用されることもあるため、どんなに感情的になりそうでも冷静に対応することが重要です。

相手を脅迫しない

離婚を避けたいとき、もう一つ絶対に避けるべき行動は「相手を脅迫する」ことです。

感情が高まる中で相手に対して脅迫的な発言をすると、状況をさらに悪化させることがあります。

たとえば、「出て行ったら二度と戻ってこないでほしい」や「職場や友人に真実を話す」、「金銭的な援助は一切しない」といった発言は、相手に脅迫と受け取られ、裁判でDVと見なされることもあります。

これにより離婚が進行し、さらに精神的苦痛を理由に慰謝料を請求されることもあります。

相手との対話を望む気持ちは理解できますが、力ずくで留めるようなアプローチは逆効果です。

代わりに謙虚な姿勢で話を聞いてもらうようにお願いすることが、相手が対話に応じやすくなる可能性を高めます。

立場を利用した説得を避ける

離婚を望まない場合の誤った対応の一つに、「立場を利用した説得を避ける」があります。

例えば、子供の存在を盾に「親としての責任を考えて」と強調する引き留め方は避けるべきです。

これは相手が一時的に考えを改めるかもしれませんが、根本的な解決にはならず、最終的には「子供が成長した後に離婚する」と考えられるようになるかもしれません。

真に夫婦関係を修復するためには、親としてではなく、パートナーとして直面する課題に正面から取り組むことが重要です。

相手を引き留めたい気持ちは理解できますが、「親であるから」という理由での説得は避け、夫婦としての問題解決に集中しましょう。

自己破壊的な行動を避ける

離婚したくない場合に避けるべきもう一つの行動は、「自己破壊的な行動を避ける」ことです。

相手から離婚を提案されたショックや怒りから、不倫や自暴自棄に陥る行動は絶対に避けてください。

たとえ一度の不倫でも、その行動が発覚した場合にはあなたの立場が大きく損なわれます。

また、以下のような行動も控えるべきです。

  • 深夜まで飲酒を続ける
  • 頻繁に家を空ける
  • 直接的に怒りを表現する

これらの行動は、裁判に進んだ場合に相手に有利な証拠とされる恐れがあります。

例えば、飲酒が家庭内暴力の原因となるか、アルコール依存症と訴えられるリスクもあります。

どんなに感情が揺れても、将来的に不利になる行動は避け、冷静な対応を心がけましょう。

親や親族を夫婦の話し合いに同席させない

離婚を避けたい場合のNG行動として、「自分の親や親族を夫婦の話し合いに同席させる」ことは避けるべきです。

親や他の家族を巻き込むことは、問題を複雑化させる可能性があります。

また、離婚の話を自分の親にすぐに相談することも控えましょう。

親が味方になってくれると思っても、親からは「離婚するべきだ」や「実家に帰ってこい」といった意見が出ることもあります。

これでは夫婦だけの問題ではなくなり、さらには夫婦が和解しても、その後の親との関係が悪化する恐れがあります。

離婚を回避しても家族間に亀裂が生じるのは避けたいものです。親に相談するタイミングには慎重になるべきです。

さらに、子供がいる場合は子供の前で離婚について話すことも避けましょう。

親の離婚話は子供にとって非常にストレスとなり、「どちらの親と暮らしたいか」と迫る質問は子供を精神的に追い詰めます。
これにより子供が不安定になることもあります。

離婚が確定的になった場合は必要に応じて子供に情報を伝える必要がありますが、話し合いの段階での露出は控えるべきです。

夫婦間の問題を外部に広げず、親や家族には必要最低限の情報のみを伝えることが望ましいです。

まとめ:離婚を避けたい時に知っておくべきことは?

ここまで、離婚を望まない場合に取り入れることができる秘策や、関係修復のための具体的な方法を詳しく解説してきました。

突然の離婚提案に直面したとき、多くの人がどうにかして夫婦の絆を再構築したいと考えます。

以下のような様々なアプローチを試すことが効果的です。

離婚回避の具体的な戦略:

  • 離婚届不受理申出書を事前に提出する
  • 離婚を提案する根本的な理由を詳しく聞く
  • 疑問点があればそれを深堀りする
  • 自己の感情を整理する
  • 専門のカウンセラーにアドバイスを求める
  • 信頼できる第三者を交えて話し合う
  • 自己の過ちを認めて謝罪する
  • 相手に変化を強いず、自分から歩み寄る
  • 歩み寄りが可能な部分を探り、少しずつ修復を進める
  • 夫婦関係調整調停を利用する

これらの手法を実行することで、関係修復の可能性が高まります。

加えて、離婚を望まない状況で絶対に避けるべきNG行動もあります。
これらには特に注意が必要です。

離婚を望まない際のNG行動:

  • 別居を避ける
  • 問題を一人で解決しようとしない
  • 相手を感情的に非難したり攻めたりしない
  • 相手を脅かない
  • 「親の責任」として相手を説得しない
  • 家族を無闇に話し合いに参加させない

これらの行動を避けることで、関係の悪化を防ぎ、自分に不利な状況を作り出すことを回避できます。

冷静になり、上記で紹介したNG行動を控えつつ、離婚回避のための戦略を積極的に取り入れて、夫婦関係の改善に努めましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次