現実と理想のギャップを埋めてストレスを軽減する効果的な方法

「現実と理想の間に大きな隔たりが存在している」
「この隔たりにどう向き合えばいいのか、悩んでいる」

多くの人がこのような問題に直面しています。理想と現実の間に生じる隔たりはよくあることですが、その差が大きいほどストレスも増えてしまいます。

理想を追い求めるあまりに、肉体的、精神的なバランスを崩すことも少なくありません。

自分が理想に到達できないと感じる自己否定は、適切に取り扱う必要がある重要な問題です。

この記事では、現実と理想の違いにどのように向き合い、ストレスを軽減するかを詳しく解説します。

さらに、理想に近づく方法や、理想と現実のギャップを感じた時に意識すべきポイントも紹介します。

この記事を最後まで読めば、現在抱えている苦しい感情が軽減され、現実と理想のギャップにどのように対応すればよいかが明らかになるでしょう。

この記事の目次

理想と現実の間にギャップが生じる理由

多くの人が理想と現実の間にギャップを感じるのはなぜでしょうか。

主な理由は次の4つです。

  • 設定した理想が高すぎる
  • 理想があいまいである
  • 一人での実現が困難な理想
  • 努力が不足しているか、努力の方向が間違っている

これらの原因を理解することで、どのように対処すればよいかがより明確になります。

読み進めていく中で、どの点が自分に当てはまるかを判断することが大切です。

1. 高すぎる理想設定

問題の第一は、「理想を高く設定しすぎる」ことです。

現実の自分に対して非現実的な高い目標を設定すると、そのギャップは広がる一方です。

特に、努力家の人々は手が届きやすい目標よりも達成が困難な高い目標を設定することが多く、その結果としてギャップによるストレスを強く感じることがあります。

重要なのは「自己評価が正確であるか」と「目標達成までの期間が現実的か」という点です。

理想が現実と合わない例

  • 英語初心者がTOEICで800点を目指す
  • 貯金が100万円の人が億万長者になることを目指す
  • 入社1年目で部長職を目指す

期間設定が不適切な例

  • 3ヶ月で15kgの減量を目指す
  • すぐに恋人を作りたい
  • 来月の試験に合格してすぐ転職したい

目標を設定するのは自由ですが、理想を実現するまでには時間がかかり、短期間での達成が難しい場合が多いため、ストレスが生じやすくなります。

2. 曖昧な理想

次の問題は、「理想が不明瞭である」という点です。

例としては、次のような漠然とした目標が挙げられます:

  • 仕事で成功している同僚のようになりたい
  • おしゃれで魅力的な人になりたい

このようなあいまいな目標は、具体的な行動計画を立てるのが難しく、結果として実現が困難になります。

単に願うだけでは、理想は実現しません。

理想を現実のものにするためには、具体的な行動や努力が必要です。

目標が不明確だと、何をどう改善すれば良いのかが分かりにくく、現状が変わることはありません。

不明瞭な理想にこだわると、理想と現実の距離が縮まらず、ギャップに苦しむことになるかもしれません。

3. 他人の支援が必要な目標

第三の課題は、「自力では達成不可能な目標」です。

多くの目標は、個人の努力だけでなく、他人の判断や評価が影響する場合があります。

例えば以下のような目標が挙げられます。

  • 昇格や昇給
  • 結婚
  • 友人や恋人を見つける
  • 職場での転職
  • 新しい仕事や契約の獲得

これらの目標には、個人の努力だけでは不十分な部分が含まれています。

例として、「幸せな家庭を築きたい」と目標を持ち、自己改善に努めることは可能ですが、実際の結婚には適切なパートナーとの出会いや双方の合意が必要となります。

このように他者の協力が欠かせない目標は、成就が自分の手の届かないところにあるため、フラストレーションやストレスを感じやすくなります。

4. 努力の不足または方向性の誤り

最後の問題点は、「努力が不足しているか、努力の方向が誤っている」ことです。

理想を実現するためには、適切な行動や十分な努力が必要です。

ただ理想を持つだけでは、それに近づくことはできません。

たとえば、マンガ制作の経験がない人がマンガ家になろうとするのは難しいでしょう。

漫画家になりたいなら、実際に作品を作り続ける必要があります。

また、努力の方向が間違っている場合、理想と現実の間のギャップを埋めることは一層困難になります。

例えば、「ただ痩せるのではなく、筋肉質でTシャツが似合う体型を目指す」と思っても、不適切なトレーニング方法では目標達成までに時間がかかりすぎます。

努力の方向性が誤っていると、期待した結果が得られず、理想に近づくことができません。

理想と現実のギャップに対処する方法

理想と現実のギャップから感じるストレスにどう対処すれば良いのでしょうか。

ここでは、そのストレスに対する二つのアプローチを紹介します。

1. ギャップを無視する

一つ目の方法は「ギャップを無視する」ことです。

ギャップによるストレスを感じた時、それに意識を向けないことで心理的な負担を軽減することができます。

ギャップに直面すると、自分の弱点に目が行くことが多いため、精神的に不安定な時にはこの方法が推奨されます。

忙しい時や心が不安定な時には、意識的にギャップから目をそらす「無視する勇気」が必要です。

ただし、この方法は問題の解決を先延ばしにするだけで、根本的なストレス解消には繋がりません。

心が安定した時には、ギャップに真正面から向き合うべきです。

2. ギャップに向き合う

二つ目の方法は「ギャップに向き合う」ことです。理想と現実のギャップを感じるということは、現実に何かが足りないという証拠です。

ギャップに直接向き合うことは、自分自身に厳しい目を向けることを意味し、精神的には非常に困難な作業です。

自分の短所や欠点を直視することは、しばしば落胆や挫折感を伴います。

しかし、この困難を乗り越えることで、自己成長の機会が得られます。

自分自身を深く見つめることで、自分の真の欲求や理想を明確に理解することができます。

理想に近づくための本当の動機や、理想と現実のギャップをどう埋めるか、さらにギャップ自体をどう受け止めるか、これらの答えは自分と向き合うことでのみ得られます。

ギャップへの対処は次の三つの選択肢があります。

  1. 現実を受け入れる
  2. 元の理想を追求する
  3. 修正した理想を追求する

理想に近づく努力をするか、現状に満足するかを選ぶ際も、自分自身が「これで良い」と納得できることが重要です。

理想と現実のギャップを乗り越える3つの方法

理想と現実の間に生じるギャップが苦痛をもたらすとき、そのストレスを軽減する対策が必要です。

ここでは、心の負担を軽減するために効果的な3つのアプローチをご紹介します。

ストレスが増したと感じたときに、これらの方法を試してみてください。

  1. 理想に対する真剣さを見直す
  2. 自己の強みに焦点を当てる
  3. 信頼できる人に助言を求める

1. 理想に対する真剣さを見直す

自分が抱く理想にどれだけ本気であるかを評価することで、ストレスを軽減できます。

この自己評価を通じて、「もっと努力するべきか」「現状に満足するか」を判断できるようになります。

これにより、無意味な悩みから解放されます。

理想の真剣さを判断するには、目標を達成するために必要な具体的な行動計画を描いてみましょう。

もし「これ以上の努力は惜しい」と感じたり、「そこまでして達成する価値がない」と思うなら、理想への本気度はそれほど高くないと考えられます。

真剣度が低ければ、達成可能なレベルに理想を下げることを検討してください。

理想と現実の間のギャップが広いほど、感じるストレスも大きくなります。

高い理想を掲げる場合は、それに見合う行動をとることが重要です。

本当に達成したい目標であれば、次章で紹介する方法を用いてギャップを埋めましょう。

2. 自己の強みに焦点を当てる

理想と現実の間のギャップによってストレスを感じた際は、自分の長所に注目することが役立ちます。

このギャップに悩む主な原因は、自分の短所に過度に焦点を当てることにあります。

自分の良い面を再認識することで、「自分は無能だ」という過酷な自己評価を避けることができます。

「理想にはまだ届いていないけれど、頑張っている部分」や「現実の自分で気に入っている部分」を意識することで、理想と現実の間に生じるストレスを軽減することができます。

3. 信頼できる人に相談する

理想と現実の間に感じる隙間に悩んだときは、信頼できる人に相談することをお勧めします。

感情を共有することで、さまざまな利点が得られます。

相談のメリット

  • 思考が整理される
  • 客観的な視点を得られる
  • 自己批判が減る
  • 自分の本当の気持ちに気づきやすくなる

一人で悩みを抱え込むと、否定的な思考に陥りやすくなります。

このような思考は精神的、身体的なバランスを崩す原因になることもあるため、注意が必要です。

ただし、このような個人的な話題を誰に話すかは慎重に選ぶ必要があります。

周囲に話すのが難しい場合は、プロのカウンセリングやコーチングを利用するのも一つの手段です。

理想と現実のギャップを埋める戦略

理想に近づくためには、具体的な行動を起こすことが不可欠です。

どのように行動するかを慎重に分析し、挫折しにくい方法を選ぶことが重要です。

この章では、理想と現実のギャップを埋めるための具体的なステップを以下で説明します。

  • ステップ① 現状の確認
  • ステップ② 理想の具体化
  • ステップ③ 行動計画の作成
  • ステップ④ 理想に向かって具体的に行動する

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

ステップ① 現状の確認

まず最初に、自分自身の現状を正確に把握することが大切です。自分としっかり向き合い、現在の生活状況や行動パターンを詳細に理解することで、「自分が設定した理想が現実的かどうか」を見極めることができます。

現状の自己分析(例)

  • 日々の仕事に追われている
  • 休日は特に活動せず過ごしてしまう
  • 資格取得のための勉強は通勤時間にのみ行っている
  • 運動習慣が続いていない

理想に近づくためには、このように自分の現状を正確に把握し、それを踏まえて「理想を追求するか、現実を受け入れるか」を判断することが重要です。

ステップ② 理想を具体化する

現状を把握した後は、具体的な理想を設定することが次のステップです。

明確な目標がないと、どの方向に進むべきかが見えてきません。

理想の具体化(例)

良い例

  • TOEICで800点を目標にする
  • 特定の資格試験に合格すること
  • 特定のモデルと同じ体型を目指す

悪い例

  • 一般的に英語を話せるようになりたい
  • 仕事で成功する
  • スタイリッシュになりたい

理想を設定する際には、具体的なモデルや目標を明確に描くことが大切です。

たとえば、「スタイリッシュになりたい」と思ったら、具体的な理想の人物像を設定し、その人がなぜ理想とされるのかを深く考えることが助けになります。

ただ単に「あの人のようになりたい」と思うだけでは、具体的な行動計画を立てるのが難しくなります。

理想を設定するときは、単に「他人と同じになりたい」と思うのではなく、その人の良い特徴を取り入れて「自分なりの理想像」を描くことが重要です。

ステップ③ 行動計画を立てる

理想が具体的になったら、それを達成するために必要な行動項目をリストアップします。

具体的な行動項目を明確にすることで、理想に向かって前進しやすくなります。

例えば、「1年後にTOEICで600点を取る」という目標がある場合、以下のような行動計画を考えることができます。

TOEIC600点達成に向けた行動計画(例)

  • 学習時間の確保
  • 通勤時間を利用して勉強する
  • 週末は最低でも2時間勉強する
  • 飲み会の回数を減らす
  • 教材の選定と購入
  • 「銀のフレーズ」などの英単語帳を購入し、徹底的に学習する
  • 最新版のTOEIC公式問題集を入手する
  • 言語スキルの向上
  • 英単語帳を完全に暗記する
  • 中学レベルの文法をマスターする
  • テスト形式に慣れる
  • 定期的に公式問題集を解いてテスト形式に慣れる

これらのステップを具体的に計画し、実行に移すことで、理想の実現に一歩近づくことができます。

ステップ④ 実際に行動に移す

理想を現実に変えるためには、具体的な行動が不可欠です。計画を立てたとしても、それを実行しなければ何も変わらないのです。

「行動に移せない」や「途中で諦めてしまう」という悩みを抱えている人は、小さなステップで進めることをお勧めします。

タスクを細分化して、「これならできそう」と思える小さな目標に設定しましょう。

たとえば、「毎日英単語を50個覚える」という目標は高すぎるかもしれませんが、「毎日5個なら挑戦できる」と感じる人もいるでしょう。

5個の単語を覚えることに慣れたら、次は7個、その後10個と徐々に目標を増やしていけます。

この方法なら、達成感も得やすく、理想に向かって確実に前進することができます。

「忙しい時でもこれならできる」「モチベーションが低い時でもこのくらいならできる」というレベルの目標を設定することが重要です。

理想と現実のギャップを乗り越えるための知見

最後に、理想と現実の差に挫けずに済むためのポイントを紹介します。

ギャップを成長の機会と見る

理想と現実のギャップは、成長の大きなチャンスとなります。

このギャップが存在することで、自分の限界や弱点が明らかになり、時にはそれが苦しいと感じられることもありますが、それは自己を向上させたいという願望の現れでもあります。

理想と現実の間にギャップがなければ、それは現状に満足していて成長が停滞している状態を意味します。

常に現状を維持しようとすることは、長期的に見れば成長の機会を逃すことにつながります。

もしギャップに苦しんだとしても、「まだ成長できる余地がある」と前向きに捉え、自己改善に励むことが大切です。

まとめ:理想と現実のギャップを埋めていくには?

この記事では、理想と現実の間のギャップが引き起こすストレスについて詳しく解説しました。

ここで、記事の要点を再確認してみましょう。

理想と現実のギャップとは、自分が思い描いていた理想の状態と現在の自分との間に存在する差です。

このギャップが生じる主な原因は以下の通りです。

  • 設定した理想が現実離れしているほど高い
  • 理想が明確でない
  • 目標達成に他者の支援が必要
  • 努力が不十分であるか、方向性が誤っている

理想と現実のギャップによるストレスを軽減する対処法は、主に以下の2つです。

  1. ギャップに向き合わない
  • ストレスの原因を意識しないことで心の負担を軽減しますが、問題の根本解決には至りません。
  • 忙しい時や心が不安定な時は、意図的にギャップに向き合わない選択も必要です。
  1. ギャップに向き合う
  • 自分の不足している部分や欠点を認め、直視することが求められます。
  • 精神的には難しいですが、自己の真実に気づく手がかりとなります。

<ギャップへの具体的な対応策>

  • 現実を受け入れる
  • 元の理想を追求する
  • 理想を修正して追求する

理想に近づくための方法は、以下の3つです。

  • 理想の本気度を見極める
  • 自分の強みに焦点を当てる
  • 信頼できる人に相談する

理想に近づくための行動計画は、次の4ステップで進めます。

  • ステップ①:現状を正確に把握する
  • ステップ②:理想を具体的に設定する
  • ステップ③:行動計画を詳細に立てる
  • ステップ④:具体的な行動を始める

理想と現実の間のギャップは、自己成長の大きな機会を提供します。

また、次のことを心に留めて行動しましょう。

  • ギャップを成長のチャンスと捉える
  • 他人と自分を比較しない
  • 自分の理想が現在の自分に適しているかを再評価する

理想と現実のギャップを感じることは、現状に満足していない証拠です。

この機会に自己と向き合い、「真の理想」を探求してみることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次