頭を空っぽにする方法。常に考え事をして疲れた人にお勧めな5つの方法。

仕事や家庭、恋愛や友人関係など、意識しなくてもふと頭に浮かぶ考えがあることでしょう。

リラックスしようとするときでも、様々な思いが頭を駆け巡り、疲れを感じることがありますね。

何も考えずにリフレッシュしたいものですが、それがなかなか難しいのが現実です。

そこで、心を休ませる方法を探ってみましょう。

この記事の目次

心をすっきりさせる5つのステップ

意外と心をすっきりさせるのは難しいものです。

以下に紹介する5つのステップを試してみてください。

自分の体調や環境に合わせて、最も適した方法で心をリフレッシュしましょう。

方法1.音を完全に遮断する

普段の生活では家でテレビやラジオが流れていたり、仕事中には周りの会話や電話の音が耳に入るなど、常に音に囲まれています。

心をリフレッシュしたい時は、これらの音を全てシャットダウンして、静かな環境を作り出しましょう。

リラックス用の音楽も不要です。

ただ静かな空間にいるだけで、集中する必要もなく、その静けさが心を落ち着け、無理に考えることから解放されます。

方法2.思いが湧き上がってもそのままにする

心をすっきりさせようとしても、自然と思考が湧き上がってくることがあります。

そのようなときは、無理に思考を消し去るのではなく、一時的にその思考を保留にしましょう。

無理に消そうとすると、かえってストレスになることがあります。「また後で考える」と心に決めて、今をクリアな状態に保つことができます。

方法3.呼吸に焦点を当てる

腹式呼吸を深く行うことで心がリフレッシュされます。

普段、何かを考え込んでいると、呼吸が浅くなることが多いですね。

そんな時は、意識的に呼吸に集中し、深く息を吸うようにしましょう。

方法4.交流を楽しむ

頭の中が思考でいっぱいの時は、意識して時間を作って友人と会い、食事や会話を楽しむと良いでしょう。

忙しいほど、人との交流を大切にすることが重要です。

何気ない会話が心を休め、リラックスさせてくれます。

目的を持たずにただ会話を楽しむことが、心をクリアにするカギとなります。

一人では難しい時は、他人との交流を通じてリラックスする方法もあります。

方法5.運動をする

機会があれば、運動に挑戦してみましょう。

考え事をしながらのランニングや水泳は困難かもしれませんが、単純に前に進む行動が心を解放します。

思考の切り替えがもたらす効果

常に頭が忙しく動いていると、思考を整理する時間が取れません。

疲れを感じた時には、意識的に心を休めることで、情報が整理され新しいアイデアが浮かぶかもしれません。

さらに、意識的にオフの時間を設けることで、日常の思考だけでなく、不安や悩みも新しい角度から考えることができるようになるでしょう。

まとめ:心のオンとオフを切り替える習慣

私たちの毎日は情報や音に満ちており、意識的な努力がなければ心を開放することが難しくなっています。

インターネットが提供する絶え間ない情報流が、思考を常に活性化させ、知らないうちに心の疲れを蓄積しているかもしれません。

このような状況下では、日々の終わりに心をリセットする時間を作ることが、次の日の始まりを良いものに変える助けとなるでしょう。

忙しい日々の中で、心のオンとオフを意識的に切り替える技術は、すべての人にとって非常に価値のあるものです。

重要なポイントは次の通りです。

  • 音を遮断し静寂の中で過ごす
  • 深い腹式呼吸で心を集中させる
  • 友人との軽い会話や食事で心を休める
  • 運動で自然と心をリフレッシュ
  • 意識的に心をリセットする時間を持つ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次