夫が隠し事をしている?夫を逆ギレさせないで対話する3つのコツ。

配偶者が何かを隠していると感じたら、どのように対応しますか?

この記事では、配偶者が隠しがちな事柄、その理由、秘密を見抜く方法、そしてバレた後の関係修復について説明します。

この記事の目次

配偶者が隠す可能性のあること

配偶者の秘密として一番に考えられるのは恋愛関連の問題です。

現在進行形で不倫があるかもしれないし、過去の恋愛関係を秘密にしている可能性もあります。

また、以前の離婚歴や子供がいることを隠して再婚している場合もあります。

次に考えられるのは金銭問題です。

過去に作った借金を隠しているかもしれませんし、ギャンブルにより新たに借金が増えていることも考えられます。

前の結婚で発生した慰謝料や子供の養育費を支払っている事実を伏せている場合もあります。

仕事上の問題も隠されることがあります。

例えば、リストラされるかもしれないという不安を抱えながらも、それを配偶者に相談するのを躊躇している人もいます。

さらに、たとえ大きな問題ではないと思われがちですが、家族に内緒で喫煙していることもあります。

喫煙は経済的にも健康にも影響が大きいので注意が必要です。

配偶者が秘密を持つ理由

配偶者が秘密を持つ主な理由は、秘密が露見した場合に非難されることを恐れているからです。

何か悪いことをしているという自覚は、本人にもあります。

コミュニケーションが苦手なため

無口で口下手な男性が多く、些細なことでも話せば理解してもらえるのに、それを伝えるのが苦手で黙ってしまうことがあります。

妻を心配させたくないため

女性はパートナーが何かを隠していると知ると不安に感じることが多いですが、男性の中にはこの点を深く考え、配偶者を不安にさせないようにと秘密を隠す人もいます。

彼らは優しさを示そうとしますが、その方法が適切でない場合があります。

非難を恐れて

もし妻が怒りっぽいと感じられる場合、男性は問題が表面化した際の大問題を予想し、トラブルを避けるために秘密を守ることが多いです。

自尊心が原因で

自尊心が高い男性は、自らの失敗を他人に指摘されることを極端に嫌います。

その結果、嘘をついたり、秘密を隠したりすることがあります。

配偶者の秘密が明るみに出る時

女性はしばしば直感が鋭く、配偶者のちょっとした行動の変化を感じ取り、秘密を察知することがあります。

秘密が露見する主なパターンは以下の二つです。

会話の違和感によって

相手の目が泳いだり、目を合わせないようにするなど、以前とは異なる振る舞いから秘密を感じ取り、問い詰めることで発覚することがあります。

また、会話が不自然に早口だったり、急いで会話を終わらせようとしたり、以前と発言が矛盾している場合も、秘密がある兆候です。

スマホの取り扱いが変わるとき

スマホは個人情報が集まる場所であり、配偶者が通常とは異なる扱い方をすることで、何かを隠していると感じ取られることがあります。

例えば、スマホを手放さなかったり、使用する時間が明らかに増えたり、電話が鳴るたびに動揺するなどの行動が見られる場合です。

配偶者の秘密が発覚したときの対処法と対話の進め方

配偶者の秘密が明らかになった場合、すぐに詰め寄るのは避けた方が良いです。

なぜなら、秘密を重要視していない人もいれば、あなたを思って隠していた人もいるからです。

秘密が露見して感情的になると、配偶者も守りに入り、言い争いが激化し、最悪な場合は大げんかに発展することもあります。

まずは「なぜ秘密を持つに至ったのか」という背景を冷静に理解することが大切です。

理由を強引に問いただすのではなく、配偶者が心を開きやすい雰囲気を作ることが重要です。

厳しく追及することで、相手がさらに心を閉ざしてしまい、結果として更なる秘密を生むことや、信頼関係が損なわれる可能性があります。

配偶者の秘密が明るみに出た後の関係改善方法

1.常に冷静であること。

男性は特に感情的な対応を苦手とすることが多いです。

「バレたら必ず非難される」と配偶者が考えていれば、不要な嘘や隠し事を繰り返すことになりかねません。

夫婦間でオープンなコミュニケーションを保つことが、誤解を避け、信頼関係を強化するためには必要です。

2.怒りではなく悲しみで感情を伝える

感情を抑えて一人で耐える必要はありません。

しかし、怒りで不満をぶつけると、配偶者は防御的になることが多いです。

「あなたが○○をすると、私は本当に悲しいんです」というように、感情を素直に表現することで、配偶者はより受け入れやすくなります。

3.秘密の追及をしつこくしない

一度しっかりと話し合ったら、その後は同じ話題に何度も触れたり、繰り返し非難するのを避けましょう。

何度も同じ話をすると、配偶者はストレスを感じて再び秘密を抱え込むことがあります。

感情の切り替えが大切です。

まとめ:夫が隠し事をしているとわかったら

配偶者の秘密に気付いたときの対応方法についてお話しました。

このような状況になると、何か行動を起こさずにはいられないこともあるでしょう。

辛いときは専門のカウンセリングを受けることも一つの方法です。

対話による理解と共感が、夫婦の信頼関係を再構築するためには不可欠です。

重要なポイントは次の通りです。

  • 怒りではなく悲しみで感情を伝え、相手が受け入れやすくする。
  • 秘密について一度話し合った後は、しつこく追及しない。
  • 関係の改善には、互いにオープンなコミュニケーションが必要。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次