【損得勘定で動く人】利益重視の思考パターンとは?自己中心的な行動を取る人々の心理と性格分析

一定程度の利益重視は誰にでも見られる特性です。

しかし、この思考が極端に強い人々がいます。

彼らは自己利益を最優先し、その基準で行動を決定する傾向にあります。

この記事では、利益重視の思考がどのようなものか、そのような行動を取るようになる理由、及びそのような人々の心理的特徴を探り、その利点と欠点を検討します。

この記事の目次

利益を優先する人の特徴とは?

利益重視思考とは、自分にとっての利益と損失を評価し、その結果に基づいて行動を選択することを指します。

この思考は、計算や考慮を意味する「勘定」としても知られています。

一般的にはあまり使われなくなった用語ですが、例えば食後の支払いを求める際に「勘定をお願いします」という表現があります。

利益を優先する人は、自分にとっての利益が最大かどうかを基準にして行動を決定します。

彼らは短期的な利益を追求し、その結果として、必ずしも肯定的には受け取られない行動を取ることがあります。

利益を追求する人々の心理とは?

通常、人は何らかの利益を得るために行動しますが、利益の追求だけを行動の基準にする人もいます。

これらの人々はしばしば自己中心的と見なされ、どのような心理状態で生活しているのか興味深いものです。

このセクションでは、利益を最優先する人々の心理背景に焦点を当てます。

心理1. 他人への不信感と金銭への過度な信頼

利己的な思考パターンを持つ人々は、行動のすべてを利益損失の観点から評価します。

彼らは他者の行為を純粋な善意として受け取ることができず、常に自分の得にのみ焦点を当てます。

彼らにとって、生活の中で信頼できる唯一の要素は金銭です。

その結果、他者からの善意も金額で評価し、それに相応の対価を求め、無償の善意には疑念を抱きます。

心理2. 短期利益の追求と客観性の欠如

これらの人々は自分の行動が直接的な利益に繋がらない場合、他の可能性を考慮することが難しくなります。

他人を助けることの価値に疑問を持ち、短期的な利益以外の価値を見出せません。

彼らにとって、人間関係の長期的な影響やそれが将来自身にどのように役立つかを考えることは非現実的に思えます。

結果として、彼らの視野は狭く、短期的な利益に偏重します。

心理3. 他人以上に利益を得たいという願望

損得を気にする人々は、自分が不利な立場にあるかもしれないという不安に駆られます。

彼らの判断は、得するか損するかの観点からのみなされ、この基準に基づいて行動します。

自分だけでなく、他人の状況にも過度に関心を持ち、自分が同じ条件下で働いている場合、同等以上の成果を望みます。

彼らは常に他人と比較し、自分が上回ることを目指します。

心理4. 相互利益の期待

利益主導で行動する人々は、どんな行動を取るにしても、その見返りを求めがちです。

彼らは行動の結果としてどれほどの利益を得られるかを常に計算しており、その見返りが期待できる場合のみ他人を支援します。

見返りが期待できない場合は、助けを提供することを躊躇います。

このような態度は、彼らが他人との交流においても、常に何かを得ようとする姿勢を示しています。

心理5. 個人的な価値判断に基づく行動基準

人それぞれには重要視する価値が異なり、何を価値あるものと見定めるかは個々によって変わります。

一見、節約家と見られがちな人でも、自身が情熱を傾ける趣味や興味のある分野には惜しみなく投資をします。

利益を重視する行動をとる人々でさえ、自ら設定した特有の基準に沿って価値判断を行い、それに従って生活しています。

これらの個人的なルールは、その人にとって絶対的な正当性を持ち、他のルールや価値観に対しては頑なな態度をとることがあります。

自己分析!利益主義的な性格と行動パターン

私たちの中で、自らがどれだけ利益主義的な態度をとっているかは人によって差があります。

利益主義的な行動特徴を挙げることで、それがどれほど自己に当てはまるかを確認し、自分自身を分析してみましょう。

特徴1. 高い野心と成功への渇望、手段を選ばない姿勢

利益を追求することは、有利な成果を手に入れるための効率的な方法という考え方に基づきます。無駄な行為を避け、有益な行動のみを選択します。

職場での成果を上げたい、早く昇進したいという動機から、何かと効率的な手段を模索します。

昇進を目指し、それに向けての努力を惜しまないため、非常に野心的な性格となります。

その結果、成功への近道を求めて、利益主義的な行動を取ることになるのです。

特徴2. 困難に直面しても耐え忍ぶ能力

利益を最優先する人は、最も利益が大きいタイミングまで耐えることが習慣化しています。

たとえば、投資であれば売却の最適なタイミングを待つ忍耐力を持ちます。

短期的な利得に惑わされず、長期的な視点で物事を考える能力があります。

また、不本意な仕事や苦情処理など不快な任務でも、それが将来的な昇進や利益に繋がる可能性があれば、どんな困難も耐え忍ぶことができます。

特徴3. 率直さと拒絶の明確さ

自己中心的な利益追求が日常になると、他人の感情を度外視し、自身の利益を最優先に行動します。

一般的に人々は、関係性の維持や礼儀から、本意ではないにもかかわらず、提案に流されやすいものです。

しかし、自利自保を優先する人々は、不利益や不快を直接的に断る能力を持ちます。

周囲の目を気にせず、自身の感情に忠実に行動することが彼らの特徴です。

特徴4. 利益をもたらす人物への適応的な振る舞い

利益を追求する人々は、自分にとって有益な人物を見極めることに長けています。

彼らは素早く計算し、特定の人との関係から得られる利益を見積もります。

そのような人物とは良好な関係を構築するために、「良い人」を演じることに努めます。

しかし、さらに大きな利益をもたらす人物が現れると、迅速にその人物に焦点を移します。

このような変貌ぶりは、深い人間関係を築くことを困難にします。

特徴5. 長期的な人間関係の欠如

人間関係は時に利益にならない側面を含むものですが、それでも継続されるべきものです。

しかしながら、利益を優先する人々は、関係が不利益をもたらす可能性があると感じた時点で、その関係を断ち切ります。

その結果、信頼関係の構築に失敗し、人々が去っていく傾向にあります。

長い付き合いの友人がいないのは、利益優先の行動パターンの典型的な結果です。

特徴6. 社会的な調和への配慮の欠如

常に自身の利益を最優先に考えるため、周囲が不快に感じることをしても気にしない姿勢を取ります。

彼らは、周囲から「周囲の空気を読まない」と見なされがちですが、実際には読む意欲が欠如しています。

社会的な調和を乱す可能性のある行動を避けるよりも、自分に不利な状況を避けることを優先します。

このため、周囲から避けられることもあり、社会的な孤立を招く原因となることがあります。

特徴7. 効率を重視し、煩わしい事柄を避ける

効率主義者には二つのタイプが存在します。

一つは、巧みに立ち回り高い評価を狙う人たち、もう一つは、最小限の労力で仕事を完了させたいと望む人たちです。

目的は異なれど、「効率的に行動する」ことが共通の信条です。

彼らは無駄を省きたいという願望を持っています。

ポジティブに捉えれば、合理的な行動を取る人々ですが、否定的には手抜きをするとも捉えられかねません。

面倒がり屋で、自分に不利な状況を避けようとします。

特徴8. 他人への借りを作りたがらない

相互依存の関係を避け、自分自身の行動で見返りを期待する人は、他人からの援助を受ける際にも相手が何かを期待していると考えがちです。

そのため、他人の親切を受け入れることを極力避けます。

何か手伝いを求められると、それを拒否し、自分で解決するか、必要な場合はサービスを利用して対応します。

他人に何かをしてもらうことは、借りを作るとみなし、それが人間関係の構築を難しくしています。

利害計算に基づく行動の利点と欠点

性格の特性は簡単に変えられるものではなく、各々に利点と欠点が存在します。

利害計算に基づく行動を取る人々の特性を理解し、その欠点をどう改善し利点を活かすかを考えてみましょう。

利害計算に基づく行動の利点

利害を重視する人々は、冷静に状況を判断できるため、仕事や私生活において多くの利点を享受します。

利害を考慮すること自体が悪いわけではなく、その行動原理には明確な利点があります。

メリット1. 依存しない独立性

利害を基準に物事を考える人々は、直面する状況を自己の利益をもって判断し、他人に流されることなく、不利な状況であれば即座に拒否します。

これは、彼らが自己の意志を確固として持ち、他人への依存を避ける生き方をしている証拠です。

その結果、自分の意見を明確に伝え、自立した行動を取ることができるという大きなメリットがあります。

メリット2. 慎重な性格により、騙されるリスクが低い

利益重視の考え方を持つ人は、行動を起こす前に利益と損失を慎重に評価する傾向があります。

この客観的な分析により、冷静に状況を判断することができ、詐欺や欺瞞に対して警戒心を持つため、騙される可能性が低くなります。

一般的に、他人を容易に信じ、批判的思考を欠いた人々は騙されやすいですが、利益重視の人々はこれとは対照的に、常に疑問を持ち、細心の注意を払うため、詐欺被害に遭遇することが少ないです。

メリット3. 金銭管理能力が高い

金銭に関して慎重に計算を行う利益重視の人々は、支出を厳密に管理します。

例えば、食事会での自分の支払い額を正確に計算し、不必要な出費を避けることができます。

追加料金が発生した場合も、公平に分担するよう努め、金銭的な不均衡を防ぎます。

このような人は、社会的な集まりで無駄遣いをすることがなく、常に自分の財政状況を適切に管理することができるため、経済的な損失を避けることができます。

利益重視の考え方の欠点

利益を最優先する行動パターンは、一見効率的に見えますが、人生全体においては必ずしも最善の選択ではない場合があります。

利益を追求することのデメリットを理解し、よりバランスの取れた視点を持つことが重要です。

デメリット1. 深い人間関係の構築が困難

短期的な利益を追求する傾向がある人は、長期的な視点での関係性の価値を見落としがちです。

このような利益優先の思考は、人間関係においても影響を及ぼし、相手が自分にとって直接的な利益をもたらさないと感じた場合、関係を深めることに消極的になります。

結果として、互いに支え合う深い絆を築くことが難しくなり、長期的な友情や信頼関係の構築において障壁となります。

デメリット2. 柔軟性を欠く傾向がある

利益を重視する人々は、即座の利益を基準に判断し、他人とのやり取りよりも自身の意見を優先することが多いです。

信頼を置くのは自分自身や具体的なデータのみであり、他人の言葉には懐疑的です。

その結果、自己の意見に固執し、異なる意見に対しては、それが自己利益に反する企てではないかと疑う傾向があります。

このような行動パターンは、結果として頑固な性格を形成しやすく、人との関係性を築く上で障壁となります。

デメリット3. 信頼を築くことが難しくなる

利益を最優先に行動する人は、損失が予見される場合には素早く撤退することがあります。

これは約束や計画を急に変更することにつながり、人々を失望させる原因となります。

このような行動が繰り返されると、他者はその人物に対して頼りにならないと感じるようになり、徐々に信頼を失うことになります。

結果的に、利益を追求する姿勢は長期的な信頼関係の構築を妨げることになります。

まとめ:利益重視の考え方は修正可能です

利益重視の思考パターンとその特性、心理、そしてその利点と欠点について解説しました。

利益を優先する考え方は、物事を冷静に評価する能力をもたらしますが、過度にそれに依存すると重要な価値を見失うリスクもあります。

自分や周囲が利益重視の思考に囚われていないかを見直し、必要であれば他者の無私無欲な行動から学び、心のバランスを取り戻しましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次