大人になっても兄弟仲が悪い理由6つと改善策6つ

家族の絆を深める鍵は、兄弟姉妹との良好な関係にあります。

しかし、成人後も続く不仲は多くの人にとって悩みの種です。

この記事では、兄弟間の不和の原因とその解決策を詳しく解説しています。

具体的な改善策を知り、家族の絆を再構築しましょう。

兄弟不和の解決策、重要ポイント
  • 先入観を捨て、事実に基づいた対話を行うこと。
  • 率直な対話を通じて誤解を解消する。
  • 相手の性格や好みに合わせた柔軟な接し方を採る。
  • 定期的にコミュニケーションを取り、相手の現状を理解する。
この記事の目次

兄弟間の不仲の6つの主な原因|わかりやすい解説

「なぜか兄弟といるとイライラするのはなぜ?」
「幼少期から兄弟との関係が改善されない…」

兄弟や姉妹とうまくいかないことに悩む人は多いものです。

不仲の具体的な原因が明確でない場合、心にもやもやとした感情を抱えていることでしょう。

この記事では、兄弟と仲良くなれない6つの一般的な理由を紹介します。

理由1. 親の偏った接し方が原因

親がすべての子に公平に接するつもりでも、年長の子には厳しく、年少の子には寛容な態度が見られることがよくあります。

「あなたはお兄ちゃん・お姉ちゃんだからしっかりしなさい」と頻繁に言われることや、兄弟間の争いで年少の子が保護されがちなことなど、幼い頃のこれらの経験が兄弟間の競争意識を育て、成人後も不公平感が関係の悪化を引き起こすことがあります。

理由2. 兄弟間の劣等感

幼い頃から兄弟間で比較され、劣等感を感じることは少なくありません。

学業成績で相手が自分より優れていたり、スポーツなどの活動で相手が目立っていたりすると、その劣等感が大人になっても距離感を生む原因となります。

理由3. 幼少期の嫉妬による不仲

兄弟不仲の原因の一つに、幼い頃に下の兄弟が特別扱いされていたと感じることが挙げられます。

たとえば、自分だけが一人で部屋の片付けをしながら、弟や妹は親の手を借りていたり、自分には自立を促す一方で弟や妹が長く甘やかされていたと感じることです。

このような経験は「自分も甘えたかった」という欲求不満や「なぜ弟や妹だけが特別扱いされるのか」という嫉妬心を生じさせ、これが不和の深い原因となることがあります。

理由4. 性別による興味の違いが原因での疎外感

三人以上の兄弟がいる家庭では、性別が異なることで興味や趣味が一致しないことが原因で疎外感を感じることがあります。

例えば、自分だけが女性で他が男性だった場合、共有する興味が少なく、結果として孤立感や仲間はずれに感じることがあります。

理由5. 兄姉の支配的な振る舞い

兄や姉が支配的で粗暴な性格である場合、弟や妹は自分では対抗し難く、距離を置くようになることがあります。

特に、兄姉が喧嘩で暴力を振るったり、批判的な態度を取ることは、兄弟間の関係に悪影響を及ぼし、結果として接触を避けたくなるような状況を生み出します。

年齢差が大きい場合、その力の差も関係の希薄化に寄与することが一般的です。

理由6. 外見の差による周囲の反応

兄弟の間で顔立ちが異なる場合、外見に対する他人の反応の違いが複雑な感情を生むことがあります。

たとえば、外見が魅力的な兄弟には人が集まりやすく、それに対してそうでない方はあまり注目されなかったりします。

「◯◯ちゃんは美人だね!△△ちゃんも…かわいいね!」といったやや気まずい言葉遣いが見られることもあり、このような外見の違いが原因で不公平感を抱き、結果として兄弟間に距離が生じやすくなります。

【解決策】成人後の兄弟関係の不和をどう解消するか

「このままずっと不仲でいるのかな、何とか改善できないかな?」と考えることはありませんか?

「仲良くなる方法はあるのか?」と疑問に思うこともあるでしょう。

家族は信頼できる大切な存在ですから、できれば関係を良好に保ちたいものです。

今後どのようにして兄弟関係を改善できるか、具体的なアプローチを探ってみましょう。

改善策1. 過去に囚われず前を向く

兄弟関係が悪化する原因の一つに、過去の出来事に囚われてしまうことがあります。

ポジティブな対話を行うためには、過去の話題を避け、現在や未来に焦点を当てたコミュニケーションが重要です。

例えば、現在の職場での悩みを相談したり、将来の夢について話すなど、前向きな話題で会話を活性化させることが効果的です。

また、会話する際は、相手も自分も時間と共に成長していることを認識し、感情的にならずに接することが大切です。

改善方法2. 率直な対話を行う

兄弟姉妹間に隙間がある場合、それはしばしば相互理解が不足しているためです。

自分の心の内を率直に話すことで、お互いの本当の気持ちを共有しましょう。

たとえば、「もっと一緒に時間を過ごしたかった」とか、「〇〇は子どものころからできる子で、自分は比較されて悩んでいた」といった、普段は言えない心の底の感情をオープンにすることが、お互いの誤解を解くきっかけになるでしょう。

これが問題解決への第一歩となり、誤解が解消されていくはずです。

改善方法3. 対応をパーソナライズする

兄弟との関係がギクシャクするのは、相手の性格や好みを無視した接し方をしているからかもしれません。

兄弟姉妹とは長い付き合いになるので、相手に合わせた接し方を見つけることが重要です。

「なぜこの人と距離を置いてしまうのか?」や「どう伝えれば相手が受け入れやすいか?」といった点を考慮することで、より効果的なコミュニケーションが実現します。

相手の立場を理解することで、兄弟関係は自然と改善し、人間としての成長も促されます。

改善方法4. 他人のように接する

家族であるがゆえに過度な期待や甘えが、兄弟姉妹間の問題を引き起こすことがあります。

『兄弟は他人の始まり』という言葉が示す通り、成人すると兄弟もそれぞれが独立し、徐々に他人と同じような関係に変わっていきます。

そのため、日常的な交流を「困った時にだけ助け合う程度の味方」と位置づけ、他人と同じ程度の適切な距離感を保つことが大切です。

これにより、互いの存在を尊重し合い、健全な関係を築くことができます。

改善方法5. 先入観を捨てる

しばしば、相手が意図していないにも関わらず「きっとこう思っているに違いない」という先入観に捉われてしまうことがあります。

これが誤解を生み、関係が悪化する原因になることも。先入観にとらわれずに、定期的に相手と対話をすることが大切です。

何か疑問に思うことがあれば、直接相手に確認を取ること、または第三者から聞いたことでも本人に直接確認することで、誤解を防ぎ、関係の改善につながります。

改善方法6. 定期的にコミュニケーションを取る

長い間連絡を取っていないと、「昔はこんな人だったから、今も変わらないだろう」と相手を既定のイメージで捉えがちです。

そういった誤解を避けるためにも、定期的に連絡を取ることが重要です。

たとえば、半年に一度はLINEで近況を尋ねたり、年末年始やお盆などの節目に挨拶を交わすことで、相手の最新の状況を把握できます。

これにより、相手に対する偏見を改め、誤解を解消する手助けとなります。

まとめ:近くの親戚より遠くの友とならないために

成人後も続く兄弟間の不和は、多様な原因に基づいていますが、適切な対処を行うことで関係の改善が可能です。

主な改善策は次の通りです。

  • 先入観を捨て、事実に基づいて対話を行うこと。
  • 誤解を解消するために、率直な対話を心掛けること。
  • 相手の性格や好みに合わせて柔軟な接し方をすること。
  • 定期的にコミュニケーションを取り、相手の現状を理解すること。

これらの方法を実践することで、兄弟姉妹間の信頼関係を再構築し、健全な関係を築いていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次