嫌な人を気にせずにいたい。好ましくない人への13の対処法。

何かしらの理由で相性が悪く、不快に感じる人がいるのはよくあることです。全ての人と友好的な関係を築くことは難しく、個人の好みによって好き嫌いが出るのは当然のことです。

特定の人の行動や言動が気に入らない、許せないと感じることは珍しくありません。この記事では、不快な人を気にしない方法について詳しく説明します。

この記事の目次

好ましくない人に気を取られる4つの心理的要因

なぜある人を好ましくないと感じるのか、その理由を探ってみましょう。

不快な人にイライラせず、気にしないようにするためには、まず、好ましくないと感じる理由を理解しておくことが重要です。

心理的要因1. 悪口を言われること

相性が合わないため、相手から否定的な評価を受けることがあります。

大人同士であれば、直接的な衝突は避けられますが、一緒にいたくなくて、避けて過ごすことになります。

悪口が続くと、相手に対して嫌悪感を抱く心理が生じます。

心理的要因2. 大切な人を奪われるなどの辛い経験

過去に相手との間に因縁があり、好意を持てないケースがあります。パートナーを奪われたり、約束を裏切られたりするような出来事が原因で、関係が悪化します。

辛い経験をした場合、かつて親友だったとしても、現在では距離を置く心理が働きます。

心理的要因3. 似た境遇や性格の相手

相手が自分と似た境遇や性格を持っている場合、邪魔に感じることがあります。特に職場などで一緒に過ごす時間が多いと、自然と距離を取りたくなることがあります。

相手が悪いわけではないにもかかわらず、自分を客観的に見ているような感覚になり、苦手意識が強まることがあります。

心理的要因4. 劣等感や嫉妬心

相手が自分より優れていると感じると、劣等感や嫉妬心が生じ、嫌悪感が湧くことがあります。自分の状況と比較し、憎しみやイライラを抱えることが多くなります。

嫌いな人への対処法|不快な人への対応策

ここからは、嫌いな人や苦手な人を気にせずに過ごせる方法を紹介します。

特に職場の同僚など身近な関係の人に対しては、気にしないようにするのが難しい場合もありますが、いくつかの方法を試して、不快な人を気にせずに過ごせるようにしましょう。

方法1. 他人を変えることに固執しない

自分が直面する状況の中で、自分で改善できるものもあれば、自分の手に負えないものもあります。

他人の性格を変えることはできません。

自分のコントロールできない事柄に対して深く固執しないように心がけると、苦手な人に対しても気にせずに過ごしやすくなります。

方法2. 職場で苦手な人と協力する際は、彼らを異なる存在とみなす

職場で好ましくない人がいる場合、それを気にしないことは挑戦です。相手を理解しようとするあまり、彼らの考え方が理解できないと感じると、イライラが増すことがあります。

このような状況では、相手を異なる種類の存在として捉え、理解できないものとみなすと、彼らの行動に対するイライラが軽減されます。

方法3. 苦手な人とは適切な距離を保ち、必要最低限の会話に留める

好きではない人と常に近くにいると、その不快感は増幅されます。イライラの原因から距離を置くことは、不快な人を気にしないための重要な方法です。

適切な距離を保ち、必要なこと以外は話さないようにすることで、彼らについての気になる度合いを減らすことができます。

方法4. 嫌いな人についての思考は時間の無駄と認識する

好ましくない人がいるという事実がある場合、コントロールできることが一つあります。それは、その人についてネガティブに考え続けるか、あるいは考えるのをやめて他の有意義な活動に集中するかを選ぶことです。

好ましくない人について考え込むことは、自分の人生の貴重な時間を無駄にすることであると認識すれば、感情を上手くコントロールすることができるでしょう。

方法5. 新しい人間関係を築いて気をそらす

新しい人間関係を築くことで、好きになれない人への考えを減らし、新たな友情やコミュニティに関心を持つことができます。

過去の問題から気をそらし、新しい知り合いとのポジティブで創造的な関係に集中することで、不快な人への関心が薄れます。

方法6. 気になる原因をはっきりさせる

嫌いな人を避ける一時的な対策ではなく、問題の根本的な解決を目指しましょう。

二人の間に生じた溝の原因を冷静に分析し、問題点を明確にすることが重要です。

気になる点をリスト化して書き出し、解決策を考えてみましょう。

方法7. 現在の環境を楽しむことに集中する

不快な人のことが頭に浮かんでしまうことがあるかもしれません。そのような時、その人のことを考えると、イライラが増して、気にしないことが難しくなります。

そうではなく、自分がいる場所や状況を楽しむことに集中すると、ポジティブな気持ちになり、不快な人のことを気にしなくなります。

方法8. 不快な人と接する際は感情を抑える

感情を込めると、喜びも怒りもイライラも楽しみも強く感じられ、心に残りやすくなります。

ネガティブな感情が湧きそうな時は、自分の感情をできるだけ中立的な状態に保つようにしましょう。直接対話が必要な場合でも、事務的に対応することで、イライラを感じることが減ります。

心がけることで、相手と一緒にいても、感情が乱れることは少なくなるでしょう。

方法9. 二人きりの状況を避ける

グループで過ごす時と比べて、二人だけの時は相手への感情が強まりやすいです。

嫌いな人と二人きりになると、イライラする感情が強くなる可能性があります。

二人だけの状況や話し合いを避けることで、嫌いな人がいても気にならなくなります。

方法10. 困難な状況を成長の機会と捉える

困難な状況を乗り越えた経験は、人を成長させます。苦手な人がいる状況も、人生の難しい局面の一つです。

嫌いな人を自分の成長の機会として捉えることができます。

苦手な相手に対しても感謝の気持ちを持ち、前向きに捉えることで、イライラする感情を抑えることができます。

方法11. 相手にも家族がいると想像する

自分と相手だけの関係に焦点を当てると、相手を否定的にしか見れなくなります。

しかし、相手にも人生があり、家族がいることを想像すると、視点が変わります。

相手に対する思いやりや、相手の性格の欠点に対する優しい気持ちを持つことができ、相手の欠点が気にならなくなります。

方法12. 没頭することで忘れる

空き時間が多いと、嫌な人のことを考えがちです。そんな時は、やるべき仕事に集中し、苦手な人のことを念頭から排除し、存在自体を忘れるようにしましょう。

話す必要がなければ、イライラの原因となる人を意識から外しましょう。

方法13. 共通の友人を避ける

友人が嫌いな人と関わっている場合、自分が離れようとしても完全には離れられないでしょう。職場が同じであっても、接触を避けるために共通の友人を持たないようにしましょう。

物理的に近くにいないようにすることで、気にならない状況を作ることができます。

まとめ:嫌いな人への対処法を見つけて気にしないようにしよう。

嫌いな人や苦手な人がいない状況は難しいかもしれませんが、自分をコントロールすることで気にしないようにすることができます。

嫌いな人との付き合い方を改善するためには、以下のポイントが重要です。

  • 新しい人間関係を築き、心を向ける。
  • 問題の根本的な原因を明確にする。
  • 現在の環境を楽しむことに焦点を当てる。
  • 不快な人と接する際には感情を抑える。
  • 二人きりの状況を避ける。
  • 困難な状況を成長の機会と捉える。
  • 相手にも家族がいると想像する。
  • 没頭することで忘れる。
  • 共通の友人を避ける。

他人に気を乱されず、上手に対処して乗り越えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次