【母親が嫌い】なぜ?母親への不満の原因とストレス対処法9選

この記事を読んでわかること
  • 母親へのストレスの原因5つ
  • 母親が感情的に振る舞う時の対応
  • 母親から理不尽な要求をされた時の対応
  • 母親の行動から自己成長に繋げる考え方
  • 母親と深刻なトラブルに発展した時の対応

母親との意見の相違や過干渉によって、時々ストレスを感じることはありませんか?

母親との関係でストレスを多く感じると、母親との接触を避けたいと思うような感情が生まれることがあります。

この記事では、母親に対して持つ否定的な感情の心理的理由と、それにどう対応すればいいのかについて説明します。

この記事の目次

母親に対する否定的な感情の心理的原因【性格面】

性格の不一致

母親に対して否定的な感情を持つ一つの原因は、性格の不一致です。

親子間でも、性格の違いは存在します。

例えば、母親が感情的で、子供が冷静な場合、コミュニケーションの難しさが感情の距離を作り出します。

子供への尊重の不足

母親に対する否定的な感情が生じる原因の一つに、子供の人格を尊重しない母親の態度があります。

子供の話を聞かず、自己中心的な行動を取る母親は、子供を個人として扱っていない可能性があります。

また、子供のプライバシーを侵害する行為も、親子関係の悪化に繋がります。

感情的な行動の問題

母親が感情的に過剰に反応する性格である場合、それが子供に対する否定的な感情の原因となることがあります。

些細なことで怒りがちで、暴言や暴力が伴うこともあります。

このような行動により、子供は不安定な環境で育つことになります。

嫉妬による問題

母親が娘の美しさや幸せな結婚生活に嫉妬することも、母親に対する否定的な感情の原因となります。

母親が母としてではなく、一人の女性として競争心を持つことが、感情の問題を引き起こすことがあります。

人間的魅力の不足

母親の人間性に魅力を感じないことも、子供が母親に対して否定的な感情を持つ理由の一つです。

家事を放棄したり、生活が乱れたり、借金や不倫などの個人的な問題が子供にストレスや不安を与えることがあります。

過度な被害意識

母親に対して否定的な感情を持つ一つの理由として、母親が過度に被害意識を持っていることが考えられます。

子供の自立を喜ばず、自分を被害者のように振る舞う母親は、子供を自分だけのものにしようとする傾向があります。

精神的に成熟していない母親は、自己中心的であり、子供に対する愛情が不足していることもあります。

母親に対する否定的な感情の理由【行動面】

度を超えた干渉

母親を好意的に思えない理由の一つは、母親の度を超えた干渉です。

子供のプライバシーを無視し、必要以上に干渉する母親は、子供に窮屈さを感じさせ、親子関係を悪化させます。

不満と悪口の多用

母親と距離を置きたいと思う理由には、母親が不満や悪口を多く言うことがあります。

常にネガティブな内容を話す母親は、周りの人々にストレスを与え、人々を遠ざけることになります。

子供への過度な批判

子供を頻繁に批判する母親は、子供からの好意を得るのが難しくなります。

性格や価値観、外見を否定するような母親は、子供からも拒絶されることがあります。

これは、母親が自分自身のコンプレックスを子供に向けていることが原因かもしれません。

子供の友人やパートナーに対する批判

母親が子供の友人やパートナーを批判する場合、それも母親に対する否定的な感情を持つ原因となります。

子供の選択を否定するような行動は、子供を自分の所有物として扱っているという態度の現れです。

子供の意見の否定

母親に対して否定的な感情を持つ理由の一つに、子供の意見や決断を常に否定する母親の態度が挙げられます。

子供が下した決断を否定し、「母親の言うことに従うのが正しい」と強調する母親は、子供の自立を阻害し、自分の側に留めようとします。

このような行為は子供の自己決定能力を抑えることになります。

過度な要求

母親に対する否定的な感情が生じるもう一つの原因は、子供に対する過度な要求です。

「特定の進路を選ぶべき」「決まったタイプの人と結婚すべき」といった人生の選択に干渉する行為です。

母親が達成できなかった夢や理想を子供に押し付けることで、子供は圧倒され、母親に対して反発を感じることがあります。

大人になってからの母親への感情の変化

子供の頃は母親に否定的でなかった人も、大人になってから母親のことを好意的に思えなくなることがあります。

これは毒親であることに気づいたり、性格の不一致を自覚した後、過去の関係が虚偽であったと感じることから起こります。

結婚後に母親への感情が変わることもあり、これは過去の虐待や過干渉、母親の影響で植え付けられたネガティブな価値観を自覚した結果です。

自立した生活を送る中で母親との関係の異常さや自分の本当の気持ちに気付くことで、母親への感情が変わることがあります。

母親に対する否定的な感情の対処法

母親への感情を認める

母親に対して否定的な感情がある場合でも、「親だから好きでなければならない」という考え方は避けるべきです。

親子であっても一つの人間関係であり、性格の不一致は自然なことです。

罪悪感を持つ必要はなく、母親との距離を置くなどして自分の感情を受け入れることが重要です。

距離を取る

母親との関係でストレスを感じるなら、物理的に距離を置くことを考えてみるのが良いでしょう。

別居が可能なら、その選択が効果的です。

別居が難しい場合は、自分の部屋で過ごす時間を増やしたり、生活のリズムを母親とずらすなどして、接触を減らす工夫をしましょう。

無理に関わることなく、自分の心の平和を守ることが大切です。

会う必要はない

特定の時期や義務感から母親に会うことに疑問を感じているなら、無理に会う必要はありません。

母親との接触がストレスや不安をもたらす場合は、自分の精神的な安定を最優先にしましょう。

母親との会合を避けるため、忙しいことを理由にして自然に距離を置くことが一つの方法です。

ネガティブな話題は避ける

母親が愚痴や悪口を多く話すタイプなら、そうした話題は避けることが重要です。

母親の話を聞くことで精神的な依存関係ができてしまい、否定的な話を繰り返し聞くことになるかもしれません。

母親の不満やストレスは本人が解決するべきであり、愚痴や悪口ばかり聞いていても解決しません。

そのような話が始まったら、適切に距離を置くことが賢い選択です。

プライバシーを守る

母親から過度に干渉されている場合は、自分だけの秘密を持つことで精神的な自由を感じられます。

たとえば、交友関係に干渉される場合、外出の理由を変えて友人や恋人と会うなどの工夫が有効です。

親にすべてを報告する必要はなく、「自分の人生は自分で決める」という意識を持つことが大切です。

感情的な反応には冷静に対処する

母親が感情的になった時は、その行動に反応せず冷静に対処することが効果的です。

母親が怒ったり癇癪を起こしたりしても、それに従わずに冷静に対応することが大切です。

感情的な人は、自分の行動が相手に影響を与えていないことを理解すると、行動を改めることがあります。

母親が怒り出した時は、落ち着いて対応するか、状況に応じてその場を離れて自分自身を守りましょう。

理不尽な要求に屈しない

母親から不合理な要求があっても、それに応じる必要はありません。

自分の人生を自分で決めるためには、母親の要求を断る勇気が必要です。

例えば、母親が自分に未達成の夢を押し付けた場合、「それはお母さんの夢だよね?なぜ私がそれを叶えなきゃいけないの?」と問い返すことが良いでしょう。

自分自身と母親は別の人間であり、自分の意志をしっかりと持つことが重要です。

母親の行動を反面教師にする

母親の行動や性格に問題があると感じたら、それを反面教師として活用しましょう。

例えば、母親が他人の話を聞かないなら、自分は他人の意見を尊重するように努める、母親がだらしない場合は自分はきちんと整理整頓するなど、母親の行動の反対をすることで自分自身の成長に繋げられます。

深刻な場合は専門家に相談する

母親からの暴力や暴言が深刻な問題になっている場合は、警察や専門機関に相談することを検討しましょう。

成人している場合は傷害罪や脅迫罪が適用される可能性があり、未成年の場合は児童相談所に保護を求めることもできます。

安全が脅かされる状況では、すぐにその場から離れることが最も重要です。

経済的な理由で離れられない場合でも、警察や毒親対策の相談窓口を利用して、適切なアドバイスを受けましょう。

まとめ:母親が嫌いでストレスに感じている人へ

この記事では、母親との難しい関係に伴うストレスと、それに対処する方法について説明しています。

重要なポイントを以下にまとめました。

  • ストレスの原因には、性格の不一致、過度の干渉、感情的な反応、理不尽な要求、過剰な被害意識が含まれます。
  • 母親が感情的に振る舞う時は、反応せずに冷静に対応することが効果的です。
  • 理不尽な要求に対しては屈しないで、自分の人生は自分で決めることが大切です。
  • 母親の行動を反面教師として利用し、自己成長に繋げることができます。
  • 深刻なトラブルが発生した場合は、警察や専門機関に相談することを検討しましょう。

結論として、母親と健全な関係を築くためには、自分の感情を受け入れ、必要に応じて適切な距離を保つことが重要です。

また、自己を守り、自立することも大事です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

感情カウンセリング
ヒーリング&リーディング
漢方薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は、もっと元気にもっと自由になりたい方向けに感情カウンセリングを提供している。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、感情などの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

無料メールマガジン



「負の感情を生み出す心の傷」や
「感情の扱い方」のことを
不定期でメールマガジン配信しています。

いつでも配信解除できるので
気軽に読んでください。

コメントのご入力はこちら

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

おすすめ記事
この記事の目次